2013年箱根予選会戦力分析 ~拓殖大学(前回予選10位)~

2014年3月8日

昨年度の予選会では、ベストメンバーを揃えることが出来ず、出場した選手も万全ではなかったようで、次点で予選落ちとなってしまった拓殖大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。なんと、1万mの持ちタイムトップ10でエントリー漏れした選手が1人も居ません。これは全大学でも唯一かな?11番手の札元、13番手の谷野がエントリー漏れしているくらいですねー。札元は全日本予選を走ったものの、長い距離の実績は無いので漏れてもしょうがないのかなあ・・・一方の谷野は先日の日体大1万mで自己ベストを出していますし、ハーフも4分台を持っているので外れたのはちょっと意外でした。他の選手の方が充実しているということならいいのですが・・・

 

エースはダンカン、昨年度の箱根予選はベンジャミンにつぐ全体2位に入っています。ちょっと今シーズンは勢いが無いようにも見えますが、本番となればやってくれる選手だと思いますし、オムワンバ、キトニーと強力なライバルはいますが、是非とも全体トップを目指してほしい選手です。日本人エースは拓大にとって久しぶりの28分台ランナーとなった佐護かな?昨年の予選会も65位に入っていますし、今年の全日本予選でも3組を6位と好走していますからね。持ちタイムだけではなく、実績でも日本人トップの成績を残していると思います。チーム日本人トップはもちろん、もっと上を目指してほしい選手ですね。トップ20くらい入ってくると、チームとしても嬉しいところかなあ。。。久々の28分台ランナーに期待したいですね。

 

日本人の4年生は、昨年度の予選会を走っておらず、そこが不安要素でもありますね。数少ない箱根経験者である奥谷、全日本予選1区で9位だった木寺はまずまずの実績を残している選手であり、勢いのある下級生に負けずに、チーム上位でゴールして欲しいところです。

 

3年生は佐護の他に櫻井、尾上といった昨年の予選会を走った選手にやはり期待したいところです。尾上は127位、櫻井にいたっては270位と散々たる成績でしたからね。。。今年は二人とも全体で100番以内は目指したいところですねー。

 

2年生は昨年予選会を走った金森、栩山、日下がともに今年に入って1万mのベストを更新しており、さらなる順位アップが見込めそうです。3人とも100位オーバーの成績でしたからねえ。。。金森は全日本予選3組を任され、栩山にいたっては最終組を任されるほどですから、監督の信頼も厚いのでしょう。その信頼に応える走りを見せて欲しいです。そして、忘れてはいけないのが監督が一押しの東島、まだ目立った実績はありませんが、怪我さえ無ければ主力として計算出来るという話ですし、初の予選会でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです!

 

1年生は先日の記録会でいきなり29分台を出した宇田に注目です。1万mの持ちタイムはチーム7番手となっています。叩き上げの選手が強い印象の拓殖ですが、1年でいきなり出てきましたからね。この勢いで箱根予選会でも好走してくれればと思います。

 

エントリーは非常に順当で予選会では上位通過も望めそうですね。間違っても昨年のようなことは無いでしょう。再度シード返り咲きを目指すためにも、各人がきっちりと走って上位通過を目指したいところです!

 


PAGE TOP