2013年箱根予選会戦力分析 ~中央大学(前回本戦5区棄権)~

2014年3月8日

箱根5区での棄権以降、主力選手の故障が相次ぎ、関東インカレ~全日本予選までなかなか結果を残せていない中央大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。1万mの持ちタイムトップ10では3位の永井、6位の西嶋がエントリーから漏れています。永井は何度も話していますが、箱根8区でダントツかつ幻の区間賞だった選手であり、1万mのベストも29分5秒まで縮めてきた、箱根予選では最も頼りになるのでは?と思っていた選手でした。それが全日本予選での当日変更に続いて箱根予選会も出られないとは・・・これは大きな戦力ダウンとなりそうです。一方の西嶋は3年次の怪我の影響か全くといっていいほどレースでは見かけないですね。この様子ですと、箱根本戦も厳しいのかなと思っています。安定して力を発揮してくれるいい選手なのですが。。。

 

中央のエントリー上位10人の平均持ちタイムは1万mが4位ですが、ハーフは9人と10人揃いませんでした。30分きりを10人揃えられていない大学が多い中で11人揃えられていますからね。ただ、エントリー上位7人がいずれも今シーズンベストを更新出来ていないのは気がかりです。ベスト更新から時間が経てば経つほどその価値は薄れていってしまいますからね。。。また、シードを取り続けていたために、箱根予選会の経験値がダントツで少ないのもちょっと気になります。調整など上手くピークを持っていけるかな??

 

さて、ネガティブなことばかり書いていてもしょうがないので、箱根予選会の展望について・・・4年生が3人しかエントリーされていませんが、須河、代田はともに実績のある選手です。須河は28分台を持っていますし、代田は箱根6区での好走や昨年度の出雲1区区間賞が印象的ですね。ともに実績のある選手ですので、初の箱根予選会でもしっかりと走ってくれると思います。もう一人の4年生である相場は箱根9区で区間19位相当の走りだったのが不安ですねー。ハーフの持ちタイムは4分半なのでまずまずなのですが・・・

 

3年生では故障から回復した新庄に期待したいですね。持ちタイムはチームトップクラスです。前回の箱根ではとても悔しい思いをしたでしょうから、その悔しさを予選会にぶつけて欲しいです。他には多田も3大駅伝に何度も出場していますし、コツコツと結果を残している選手です。3年生はこの二人が中心になりそうですね。チームでも全体でも上位で走って欲しいです。

 

2年生では3大駅伝皆勤の徳永がやはり実績では抜けているかな?出雲は恐らく走らないでしょうし、全日本も出場権は無いので皆勤は残念ながら終わってしまいますが、2年生を引っ張るような走りを見せて欲しいです。他の2年生はスピードタイプの藤井、三宅に期待したいところですが、長い距離の実績が乏しいことが不安ですね。。。藤井はハーフ7分台ですし、三宅は全日本予選の3組で39位と大撃沈していますからね。その後、日体大記録会では29分30秒台までタイムを伸ばしてはいますが・・・

 

1年生では、関東インカレの5000mで自己ベストを更新した町澤、全日本予選3組で29分台を出した市田に期待したいですね。町澤は全日本予選を当日変更で欠場したのが気になりますが、万全であれば予選会を走ることになるでしょう。市田もいきなり3組を任されるのはそれだけ信頼があるのでしょう。結果も残していますし、ルーキーも臆せず強気な走りを見せて欲しいです。

 

一部主力がかけてはいますが、万全であれば何も予選会は問題ないでしょうし、上位通過も十分に可能だと思っています。ただ、故障明けの選手がとにかく多いため、どれだけ予選会にピークを合わせられるかが鍵になりそうです。また、安定して強い中央を取り戻すためにも、大事な戦いとなりますね。

 


PAGE TOP