2013年箱根予選会戦力分析 ~城西大学(前回本戦5区棄権)~

2014年3月8日

箱根5区棄権以降、なかなか浮上のきっかけをつかめていない城西大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。1万mの持ちタイムトップ10では4位の高橋、8位の山本、9位の高柳、10位の加瀬がいませんねえ。。。まずエントリーを見てびっくりしたのは、有力選手が複数入ったにも関わらず、ルーキーが1人もエントリーされていないことですね。。。高橋は相変わらず貧血に苦しんでいるのでしょうか?高3の後半から一気に伸びてきた選手だけに、貧血さえ治ればまだまだ強くなりそうな気がするのですが・・・他にも菊地、富越、松村陣といったルーキーもエントリー漏れです。まだ距離に対応できていないのかなあ???2年生以上では、箱根で4区9位で走った山本が外れたのも痛いですねー。スピードがあり、距離にも対応しつつあっただけに・・・高柳、加瀬は目立った実績は無いですが、10人しか居ない30分切りランナーです。

 

エントリー選手には30分きりが6人しかおらず、不安が残りますねえー。エントリー上位10人の平均持ちタイムは1万mで9位、ハーフで7位と数値上もやや苦しいかな。とはいえ、主力はきっちりとエントリーされています。4年生では、山口、平田といった下級生の頃から活躍している選手に加えて、佐野の評価が高いようですねえ。叩き上げの4年生というのは、爆発力も無いけれど安定して走ってくれる印象があります。山口、平田にはチームトップ、全体でも上位の走りを期待したいですし、佐野にも監督が高く評価しているようですし、最低でも二桁順位では走ってほしいかな?

 

3年生では村山に期待が集まります。まともな条件でまだハーフを走ったことが無いため、持ちタイムは67分51ですが、城西の中でもトップクラスのスピードを誇りますし、調子が良ければ日本人トップも狙えるような選手だと思います。中堅どころが複数人エントリー漏れしてしまったこともあり、村山にかかる期待は大きくなりますねー。さすがエースという走りを見せて欲しいです。また、横田も着実にタイムを伸ばしている選手で、箱根予選会でも稼ぐ役割が期待されます。今年に入ってからの勢いを考えると、50位以内には入って欲しいかなあ?

 

松村元も1万m28分台、ハーフ3分台を持ち、主力としての活躍してほしい選手です。ちょっと安定感にかけるところもありますが、ポテンシャルが高いのは間違いないでしょうし、村山、横田とともに3年生がチームを引っ張るつもりでいい走りをしてほしいです。他にも3年生は箱根を走った二岡に黒岡、杵島兄弟と最多の7人がエントリーされています。3年生の出来が城西の順位を大きく左右することになりそうです。

 

2年生は山本が外れたものの、室井、西岡、河奈、舟生と4人がエントリーされたのにはびっくりしました。室井は全日本予選に出場した経験がありますが、他の3人は1万mでいずれも30分30秒オーバーですし、目立った実績もありません。期待の1年生が調子が悪くて入ったのか、1年生を上回るパフォーマンスを見せたのでエントリーされたかは分かりませんが、こうした2年生がしっかりと走れるようであれば、チームとしても安心感が出てきますねえ。新戦力の台頭に期待したいと思います。

 


PAGE TOP