2013年箱根予選会戦力分析 ~上武大学(前回本戦18位)~

2014年3月8日

昨年度は主力を怪我で欠いたこともあり、1区から全くレースにならず、タスキを繋いだ大学の中で最下位となってしまった上武大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。1万mの持ちタイムチーム5位、3年生主将の佐々木がまさかのエントリー漏れとなってしまった。昨年度の予選会は47位で走っており、実力で外れることは考えにくいので故障でしょうか・・・?他にも6位の田林、9位の三橋、10位の東と4人がエントリーされていませんね。ただ、田林はまだ大学に入ってからの実績があまりありませんので、外れたのは妥当かな・・・三橋は今年1万mのベスト、東は5000mのベストを更新しているだけに期待していたのですが残念です。ハーフの距離はまだ対応出来ていないのか、故障なのか・・・

 

エントリー上位10人の平均持ちタイムは13大学中12位です。神奈川が10人揃っていないので、実質最下位とも言えるかあ・・・ハーフの平均は5位にランクインしてますが、10人揃えられていない大学も多いので、参考程度かなと思います。まず、日本人トップを狙って欲しいのが4年の山岸です。今年に入って大ブレイク、5000m13分台、1万m28分台、ハーフ62分台を続けて叩き出し、ユニバーシアードにも出場を果たしました。昨年度の予選は44位でしたが、今や上武で最も期待出来るランナーになったと思います。

 

続くのは1年次から活躍を続けている佐藤かな?1万mで28分台を出し、過去2度の箱根予選も7位、22位としっかりと上位で走っています。1年の頃と比べるとやや安定感に欠ける印象もありますが、2年の頃よりは戻ってきているようですし、また10位以内を狙ってほしい選手ですね。怪我から復活を遂げた倉田も頼もしい存在です。全カレで入賞を果たしており、調子は上向きでは?過去の予選会は51位、34位と佐藤に比べると劣りますが、二人でがっつりと貯金を稼いで欲しいですね。

 

4番手以降は集団走をする可能性が高いかなあ?松元、大西といった上武の主力である他の3年生達にも頑張って欲しいところです。ともに箱根を経験しているものの、昨年度の予選会はそれぞれ90位、101位とやや物足りない結果に終わっています。去年チームで1位、3位だった渡辺、氏原が卒業してしまっているだけに、少しでも穴を埋めるべく順位アップを目指して欲しいですね。ココらへんの選手が50位以内で走れるようになると、チームとしてもいい形になれるのでは??

 

他には、昨年度チーム11位、12位だった石黒、高津戸にも奮起を期待したいところです。上位10人のタイムで競う箱根予選会では、8~10番手でゴールした選手が大きな意味を持つことが多いですからねえ。チームトップの選手の貯金をいかに食い潰さないかが、上位で予選を通過するには大事になってきます。昨年度はチームに貢献できなかった二人ですが、今年はしっかりとチーム10番以内に入り、少しでも落ち込みを少なくして欲しいですねえ。予選会は走れなかったものの、箱根本戦で6区を走った横内もハーフは65分18秒ですし、何とか粘りの走りを見せて欲しいです。

 

ほかはハーフでの実績があまりない選手ですし、即戦力がなかなか入らない上武にしては珍しく4人も1年生がエントリーしています。最低二人は走ることになるわけですが、どんな走りを見せてくれるか?名前の知られていない選手がいきなり好走を見せることが上武の選手ではよくありますしねえ。花田監督の育成の賜物なのでしょうが・・・今年も主力と新戦力がしっかりと噛み合った走りで、ゆとりをもって予選を突破して欲しいですね。

 


PAGE TOP