2013年箱根予選会戦力分析 ~東京農業大学(前回本戦17位)~

2014年3月8日

昨年度はギリギリでの箱根予選通過、本戦でも終始下位でのレースとなってしまった東京農業大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。1万mの持ちタイムトップ10では6位の山本、10位の田中が抜けています。特に山本は昨年度の箱根予選を区間2桁で走っていますし、今年の全日本予選でも3組を8位で走っている選手ですからねえ。今年も負傷者が出るなど、戦力が厳しそうな東農大にとって大きな痛手となりそうです。とはいえ、全体から見ればまずまず順当にエントリーが出来た大学だと言えそうです。

 

エントリー上位10人の1万m平均は3位であり、ハーフでは2位に位置しています。このデータだけを見れば予選会でも上位通過が期待出来そうですが、そう簡単にはいかないのが箱根予選会であり、実際に不安要素もいくつも抱えています。昨年度チームトップの全体9位で走った竹内に期待したいところですが、昨年度の箱根からずっと不調が続いています。竹内らしい走りというのをずっと見ていない気がしますね。昨年並みの走りを今年の竹内に期待するのは難しく、現実的には50位以内ということになってしまいそうです。

 

昨年度の予選会2~4位がいずれも卒業してしまっているのも不安ですよねー。エントリーされていて、100位以内で走ったのは竹内と岩渕のみですから・・・とはいえ、昨年は怪我で走れなかった選手が複数いました。まず、浅岡が戻ってきたのはプラス材料です。まだまだ、万全ではないかもしれませんが、これまた何とか50位内で走ってくれれば御の字かなあ?万全であればもっと上の順位を目指せるのでしょうが。。。昨年の欠場組としては、津野が1万m28分台を出し、持ちタイムチームトップに踊り出ました。箱根の借りは箱根でしか返せないでしょうし、まずは箱根予選で完全復活したその姿を見せてほしいと思います!!他にも佐藤達也も復帰組の1人です。箱根で好走した経験があるのは心強いですね。全日本予選では最終組で34位と撃沈してしまったのが気になりますが、箱根予選には何とか合わせてきて欲しいです。昨年度の欠場組がどれだけチーム力を上乗せ出来るかが鍵になりそうです。

 

昨年出場組で、大きくジャンプアップが期待される選手もいます。短い距離ではもはや大学でもトップクラスであり、ようやく長い距離もこなせるようになってきた?戸田は稼いでほしい選手の1人です。昨年度は箱根予選、箱根4区とともに撃沈してしまいましたからね。13分台、28分台と持ちタイムは申し分なく、後は20kmの距離で結果を残してくれれば・・・期待したいですね。他にも、1万mのタイムを大きく向上させた三輪も昨年の112位から大きく順位アップが期待される選手ですね。全日本予選も最終組を任されて12位と好走しましたし、案外三輪がチームトップなんてこともあるかもしれません。昨年100位オーバーだったこの二人に今年は頑張って欲しいところです。

 

後は3000m障害で関東インカレ2部を制した佐野や昨年ルーキーながら箱根予選に出場した遠藤、徐々に持ちタイムを更新している土井、大橋あたりも走ることになりそうかなあ?いずれもハーフでの実績はあまりありませんが、成長した姿を見せて欲しいです。東農大は名前だけを見るとそれなりに実績を残した選手がいるものの、ピーキングが下手な印象があります。まずは予選会いしっかりとピークを合わせて、好順位で予選を突破して欲しいです。

 


PAGE TOP