2013年箱根予選会戦力分析 ~神奈川大学(前回本戦16位)~

2014年3月8日

箱根では、5区以外は例年以上の走りを見せてくれたものの、2校が棄権をした強風の5区で大きくブレーキとなってしまい、久しぶりのシードを逃してしまった神奈川大学について・・・箱根予選14人はこのようになっております。エントリーを見た瞬間、ちょっとびっくりしてしまいました。1万mの持ちタイムで4位の赤松、6位の南、8位の永信、10位の上倉がエントリーされていませんでした。特に赤松は我那覇、西山、柿原とともに4本柱の一人として稼ぐ役割が期待されていただけに、非常に残念です。また、南は昨年度ルーキーながら箱根予選会を走っている選手ですし、永信は今年の全日本予選で3組を任された選手です。上倉も2年連続で箱根予選を任されています。予選エントリー校の中でも、ベストメンバーから程遠くなってしまった大学の一つだと思います。

 

主力、中堅が何人もエントリーから漏れた結果、1万mの持ちタイムを持つ選手が8人しかいなくなってしまいました。10人揃わないのは、私が把握している13大学で神奈川大学だけです。ハーフも経験者が8人しかおりません。5000mまでしか記録を持っていない選手が最低でも4人走るというのは正直怖いですね。。。ハーフを持っていない選手でさえ不安があるのに、5000mのみ・・・さらにそれらの選手はいずれも14分30秒オーバーです。元々選手層が薄い神奈川大学にこれだけ欠場者が出てしまうのは正直想定外であり、予選通過ボーダー大学の一つにまでリスクは高まっていると思います。

 

エースは我那覇、箱根7区区間賞、1万m28分台を持ち、先日の全カレでも8位入賞を果たすなど、他大のエースとも十分に渡り合える選手です。昨年度はチーム6番手の62位でしたが、今年はチームトップ、あわよくば日本人トップを狙って行って欲しいですね。主力の欠場の穴を埋めるべく、大きく稼いで欲しいです。続くのは柿原、西山でしょう。昨年度は全体で39位、45位であり、チームのNo1、2でした。今年は昨年度以上の順位でゴールして欲しいですね!ともに自己ベストを更新し、それだけ期待出来る選手だと思います。

 

箱根の5区で苦しい走りをした柏部、昨年度の箱根予選経験者でありながら、本戦では走れなかった渡邉もともに悔しさがあるでしょう。それぞれ85位、110位という順位でしたが、今年は既にエントリー時点で苦しい状況・・・1秒でも上を目指して頑張って欲しいです。他には、昨年度に全日本・箱根を経験している井上、小泉も中位で走ってもらわないと困りますねえ。。。

 

ここまでが計算できる選手かなあ?後はハーフで5分半、1万mでギリギリ30分きりの坂本と、5000mしか記録を持っていない選手が5人・・・うーん、1年生が3人いますし、記録会に最も出てこない大学の一つなだけに、タイムにあまり意味は無いのかもしれませんが、やはり不安は拭えません。そんな不安を吹き飛ばす走りをして欲しいです!!

 


PAGE TOP