2013年出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~順天堂大学~

2014年3月8日

今年は主力だった卒業生が抜けた影響が大きいながらも全日本予選を突破し、久しぶりに3大駅伝フル出場となる順天堂大学について、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。エントリーからは、故障が非常に多い的野がまたしても外れてしまいました。トラックシーズンでは怪我から復帰し、全日本予選も走るまでに回復してきたのですが、また故障でしょうか?あのスピードは出雲で活かされると思っていただけに残念です。それ以外は主だったエントリー漏れはなく、順当に主力がエントリーされていますね。

 

順大のエントリーメンバーは、1万m、ハーフの持ちタイムでチームトップ、1年次から安定した結果を残している松村優、1万mで28分台を持ち、箱根では2区を任されたエース格の小澤、今年大きく成長し、5000mで14分4秒までベストを伸ばし、関東インカレでは1500mで2位という結果を残した松枝、2年連続で山登りを任され、昨年度の出雲ではエース区間である6区を4位と好走した西郷、安定感に欠けることもあり、まだ3大駅伝出場はないものの、5000mで14分5秒までベストを伸ばしてきた岩崎、ハーフ3分台を持ちながらも、岩崎同様出来不出来の差が激しく3大駅伝出場のない狩野、これまたハーフ3分台を持ち、5000m14分12秒までタイムを伸ばし、そろそろ駅伝デビューが待たれる松村和、1年次からハーフなどロードを多く経験し、今年は全日本予選で2区10位に入り、5000mでもベストを更新するなど徐々にトラックでも力を見せ始めた稲田、持ちタイムはそれほどでもないものの、高校時代に駅伝で安定した結果を残していた森、最後は育成枠なのか、まだ実績の無いルーキーの西沢を10番目の選手として入れてきました。そんな順天堂の区間配置予想は以下の通りです。

 

松枝-小澤-松村優-岩崎-松村和-西郷

 

1区は松枝、今年に入って伸びてきた選手というのは、前半区間で使って、その勢いを見せてほしいというのがあり、1区にしました。さすがに他大のエース級と競うのは厳しいかもしれませんが、何とか粘って欲しいところです。ラストに強いところも、1区向きかなと思います。

 

2区は小澤、本来であれば主要区間で使いたいところなのですが、ちょっと調子を落としているという話もありますし、2区にしてみました。昨年度もエースの田中が走って好走していましたしね。万全であれば、1or3区も十分に考えられそうです。ここでは力の違いを見せて欲しいところです。

 

3区は昨年同様松村優、久保田に抜かれて突き放されて悔しい思いをしたと思いますので、今年は昨年以上の走りを見せて欲しいところです。ロードでの安定感はチームでもトップクラスの選手ですからね。どちらかといえば長い距離が得意な選手かと思いますが、出雲の距離でも活躍を期待したいです。

 

4区は岩崎、今年5000mでベストを出している選手ですし、短い距離ならある程度は走ってくれるのではないかと思い、予想してみました。そろそろ、3大駅伝にデビューしてほしい選手ですしね。岩崎、狩野あたりが走ってくれないと、なかなか10人揃えるのは大変そうです。。。

 

5区は松村和、岩崎、狩野の4年生同様、3年の松村和も駅伝デビューが待たれる選手の一人です。双子の松村優が順大のエースとしてあれだけ活躍していますからね。和樹も優樹に負けてばかりはいられないでしょうし、そろそろ駅伝でも存在感を見せて欲しいところです。

 

6区は西郷、エースの集まる6区で昨年4位と好走した選手を変える必要は無いでしょう。上位3人とはタイムは離されていますが、1位オムワンバ、2位窪田、3位出岐というそうそうたるメンバーですからね。その次に入ったというのは健闘したといっていいでしょう。今年も昨年並みの走りをしてくれれば文句は無いですねえ。

 

こうしてみてみると、昨年の順位である7位前後が現実的な目標になりそうかなあ?3大駅伝経験者が10人中わずか4人しかおらず、最低2人は3大駅伝デビューの選手を使うことになりますからねえ。7位でも上出来だと思います。新戦力がどんな走りを見せるかに注目ですね!!

 


PAGE TOP