2013年箱根予選会戦力分析 ~山梨学院大学(前回本戦11位)~

2014年3月8日

そろそろ、箱根予選会の戦力分析も始めないと間に合わないので、コツコツ更新していきます。出雲との兼ね合いもあるため、朝夜の2回更新になる日もあるかもです。。。さて、まずは前回、惜しくも11位でシード獲得とはならなかった山梨学院大学、今年は昨年以上に戦力が充実し、ルーキーの活躍もあってトップ通過を狙いたいところですが、箱根予選14人を見る限り、ちょっと不安の残る点がちらほらあります。箱根経験者である阿部、福沢がエントリーから漏れてしまいました。ともにハーフ3分台を持つ選手であり、予選会でも堅実に走ってくれるであろう選手であっただけに、恐らく故障?で欠いたのは痛いですね。また、主将の松山、全日本1区を走ったルーキーの上村も外れました。4年生は留年した森井を除いて0という寂しさです。上村は距離対応が間に合わなかったのかなあ・・・?

 

中堅どころで外れてしまった選手はいますが、主力はしっかりとエントリーされています。軽い怪我をしていたという話もあるエースのオムワンバですが、全体トップの最有力候補であることには変わりありません。大事をとって全カレも欠場していますしね。がっつりと貯金を稼いで欲しいところですね。一方、日本人エースの井上は1万mで自己ベストを続けて出すなど好調を維持しており、日本人トップ争いを繰り広げる選手の一人だと思います。稼げる選手が二人いるのは大きいですね。

 

森井は先日の記録会で撃沈していたのが気になりますが、所詮は記録会ですし、昨年度の全日本同様、走ればきっちりと合わせてきてくれるのではないかと思います。2年前の箱根予選では131位でしたが、今年は50位以内には入ってほしいところかな?期待のルーキー佐藤も稼ぐ役割が期待される選手です。全カレでの29分1桁で、すでに2度1ケタをだしているわけですからね。ハーフの距離にも対応していれば、ルーキートップのタイムで走ることも十分に考えられます。まずはこの4人がしっかり走ることが、山梨学院がゆとりをもって予選突破するためには大事になってきます。

 

他に楽しみなのは兼子、ハーフ3分台を持ち、先日1万mの自己ベストも更新しております。こういう選手は予選会でも好走するイメージがありますねえ。他には田代、前田拓も駅伝を経験していますし、予選会でもある程度しっかり走ってくれることでしょう。ここまでは特に心配はしていません。しかし、中堅どころが漏れたことによるしわ寄せが出てくるのは、8~10番手に当然影響してきます。ハーフの上位10人平均を見てみようと思ったのですが、10人そろわないんですよねー。68分切の選手は全部登録しているはずなのですが・・・8人しかいません。ハーフ未経験の選手が思わぬブレーキをしてしまうなんてことも良くありますからねー。慎重に走ってほしいものです。

 

また、1万mの持ちタイムが30分切は15人いるのですが、エントリーには9人しかいません。やはり、データ上からも中堅どころの選手が抜けていることが伺えます。トップ通過は厳しくなったように思えますが、力のある選手がそろっていますし、きっちりと上位通過を果たして欲しいところですね。経験者が欠場することで、新しくチャンスをもらえる選手がいるわけですから、そのチャンスをきっちりと掴み取ってほしいです。

 


PAGE TOP