2013年出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~明治大学~

2014年3月8日

明治も出雲のエントリーが発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。エースの一人である有村が漏れてしまいました。まだ万全ではないという話でしたし、どうしても昨年度の出雲1区最下位のトラウマもありますからねえ。。。これだけ日体大記録会で好記録が出ている現状を考えると、万全でなければ無理をして使う必要もないかなあ。他の選手は持ちタイム上位の選手が順当にエントリーされております。エントリー上位6人の5000m平均持ちタイムは13分47秒、このタイムを個人で上回る選手は留学生を含めてもわずか14人しかいません。本当にスピードのある選手がそろっていることが分かりますね。

 

しかし、スピードのある選手が集まっているにも関わらず、明治の出雲での成績は正直散々です。12位⇒8位⇒7位⇒11位と最高順位が7位というありさまです。暑さに弱い選手が多いのか、出雲に向けて調整してこないからか、1区でいつも出遅れる(9⇒16⇒8⇒21)からか理由はいくつもありますが、出雲で結果を残せていないということだけは確かです!このジンクスをいい加減に崩しておきたいところですねえ。そんな明治の区間配置予想は以下の通りです。

 
八木沢-横手-廣瀬-松井-木村-大六野

 

1区は八木沢、先日13分28秒というとんでもないタイムをたたき出しました。留学生を含めても上回っているのは大迫ただ一人、明治の鎧坂が持つ明大記録を塗り替えてしまうのですから、あっぱれと言うほかはありません。ラストスパートがありますし、高3の時に都道府県対抗で1区区間賞をとっていることもあり、似たような距離の1区でも結果を残してくれるのでは?怪我が多い選手ですが、今年は順調にきているようですし、初出場となる出雲でそのスピードを存分に見せつけてほしいです。なお、今年に入って結果が芳しくない文元は予想からは外してあります。万全であれば、いつもの安定感で1区を任せてみたいところですが。。。

 

2区は横手、日体大記録会では他選手の陰に隠れてしまいましたが、あれは監督に言われたとおりのペースを守っただけのようですし、順調にきているようです。スピードのある選手ですし、5000mも強いですからね。2区もありかなあと思いました。去年は怪我で出れなかった分の思いも込めて走ってくれれば・・・

 

3区は廣瀬、昨年は出番はありませんでしたが、駅伝を走れば堅実に走ってくれる選手ですし、先日自己ベストを更新するなど好調です。主要区間はやはり上級生のほうが安心かなというのもありまして、3区廣瀬にしてみました。今年は山下りだけではなく、3大駅伝すべてで活躍してほしい選手です。

 

4区は松井、去年走った山田速とも迷いましたが、松井はスピードもついてきましたし、安定感では松井のほうが上かなあと思います。今の明治に求められるのは、爆走よりもブレーキなく堅実に走りきることだと思いますので。。。こういう選手が中盤に控えていると、チームとしても安心感が生まれるかなあと。

 

5区は木村、去年、1区最下位と出遅れ、それ以降の区間でも散々だった明治ですが、木村だけはルーキー長柄5区を5位とまずまずの走りを見せてくれました。今年は13分台を出すなどスピードも上がっており、それならば2年連続で任せていいのではと思いました。昨年以上の順位を期待したいところですね。

 

6区は大六野、やはり今の明治のエースは大六野だと思っていますし、エースが最終区を走るのが全体として順位は最も良くなるはずという考えは変わりません。去年はチームも区間順位も11位という悔しい思いをしていますが、今年は去年よりも強さ・安定感が出てきたように思えます。トラックの主要大会でも関東インカレを始め結果を残していますしね。そのトラックの勢いそのままに、駅伝シーズンでも主要区間を全てになってほしい選手です。

 

スピードは十分すぎるほどです。後は、そのスピードを遺憾なく発揮してくれるのか?それとも負の歴史は繰り返されてしまうのか?良くも悪くもあの持ちタイムでは注目せざるをえません。後は、結果で示して欲しいです!!

 


PAGE TOP