2013年出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

2014年3月8日

中央学院大学も出雲のエントリーが発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。1万mの持ちタイムではチーム6位の山田がおらず、5000mでは6位の芝山がおりませんが、芝山はずっと怪我の影響もあり、2年以降はベストに近い走りが出来ていませんし、山田もスピードタイプというわけではないので、実質ベストメンバーといってもいいエントリーだと思います。

 

大学に入ってから成長はとどまることを知らず、先日の日体大でも5000mで13分台を出し、もはやエースとなった潰滝、13分台、28分台を持ち、全日本最終組、関東インカレで好走するなど潰滝とともにダブルエースとなった岡本、潰滝と同じく1年時から頭角を現し、5千、1万、ハーフのいずれでも好タイムを持っている塩谷、箱根の山に3年連続上り、先日の記録会で1万mの持ちタイムを更新した田中、スピードがあり、先日の記録会で13分50秒を出してチームトップとなった及川、ルーキーながら全日本予選を任され、1万mでも29分30秒台を持つ村上、箱根7区を走り、箱根予選も1年時から経験している木部、昨年度の箱根で4区4位と好走した沼田、そして1年生が二人藤花、久保田と入っていますが、特に目立った持ちタイム・実績はなく、実際に走る候補というよりは、期待の新人をエントリーに入れたという形でしょうか?

 

そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。(出雲でベストメンバーを組むことがあまりない中央学院ではありますが、ベストメンバーの想定で組んでいます)

 
潰滝-及川-田中-塩谷-村上-岡本

 
1区は潰滝、箱根でも1区を任されて8位できっちりと走りましたし、関東インカレ、全日本予選をみても、エースクラスが集まる1区でもしっかりと上位でつないでくれるのでは?という期待を込めての1区です。今年は関東の留学生は出場しないことから、例年よりはペースが遅いかもしれませんが、それでも出雲の1区はハードですからね。エースを置いておきたいところです。

 

2区は5000mチームトップの及川、元々短い距離が得意な印象の選手ですし、最短距離の2区に及川をおければチームとしてもいい流れで前半を終えられるのではないか?と思います。今シーズン、何度も自己ベストを更新して勢いがあるのもプラス材料ではないかと思います。

 

3区は田中、先日の記録会で1万mのベストを更新しましたし、どちらかといえば箱根の山の印象が強いですが、出雲でも自己ベストを出した勢いそのままに、好走してくれればと思います。塩谷とも迷いましたが、塩谷は重要な大会でまだ結果を残せていないのが気になりまして・・・

 

4区はその塩谷、ちょっと潰滝と差をつけられてしまった印象はありますが、5000mで自己ベストを更新し、関東インカレハーフでも上位で走るなど、一時期の不調からは抜けてきたように思えます。とはいえ、まだまだ本番での力は未知数・・・主力どころか潰滝とともに2枚看板となっていって欲しい選手ですし、さらなる成長が期待されます。

 

5区は村上、どうも怪我をしていたりとやや不調な様子だったので、そもそもエントリーから外れるのでは?と思ったのですが、エントリーされてきたということは、心配ない?と判断し5区にしてみました。元々スピードのある選手ですが、1万mでベストを更新し、全日本予選も任せられたのは、やはり期待の表れだと思いますし、ルーキーから一人は走ってもらいたいというのもあり、選んでみました。

 

6区は岡本、潰滝がアンカーで無ければ岡本が6区でしょう。最初は箱根6区をしっかりと走る選手という印象だったのが、1万mで28分台、関東インカレ2部で表彰台、全日本予選最終組で好走、5000mで13分台突入と、走るたびにその評価を高めています。エースが集う最終区間ですが、今シーズンの好調さでしっかりと走りぬいて欲しいと思います。

 

ベストメンバーで組めば、まずまず面白いレースは出来ると思うのですが・・・前回出場時は3区で一瞬トップにたったものの、5,6区は1年生を起用して最終的には11位でしたからねえ・・・確かに、経験させるのもいいかと思いますが、個人的には3大駅伝はどれも本気で勝負に来てほしいなあと思います。

 


PAGE TOP