2013年出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~駒澤大学~

2014年3月8日

まだ、出雲駅伝のエントリーが発表されたのは駒澤のみですが、エントリーが発表されたチームから戦力分析と区間配置予想をしていきたいと思います。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。エントリーを見る限り、5000m、1万mともに持ちタイムの上位6人中5人がエントリーされており、外れたのも5000mは大谷、1万mは岸本といずれも駅伝経験のない選手であり、ベストメンバーといっていい内容だと思います。4年生は駅伝皆勤を続ける油布、窪田、3年生はチームの主力である中村、村山に加えて、全日本で好走した黒川、5000mで14分3秒を持つ西澤、2年生は5000m13分台を持ち、ハーフで63分19秒を出した其田、1年生は先日の全カレ1万mで28分台を出し入賞した中谷、入学早々5000mで自己ベストを更新し、高校時代の駅伝実績抜群の西山、同じく高校時代特に駅伝で強さを見せ、上りに自信を持っている大塚の10人です。

 

そんなエントリーメンバーで区間配置予想は以下のとおりです。

 

中村-西山-村山-油布-中谷-窪田

 

区間配置予想を説明する前に、駒澤の2003~2012年の出雲の区間ごとの平均順位を見てください(2009年は箱根予選会出場のため、ベストメンバーを組んでいないので除外)

 

1区 2区 3区 4区 5区 6区
7.2 4.0 4.8 2.8 3.8 4.7

 

一目瞭然だと思いますが、1区がダントツで悪いです。そもそも、出雲は6区間、44.5kmしか無いため、前半、出遅れないことがとにかく大事になってきます。特に1区での出遅れは、後ろの区間の選手が突っ込んで入るため、結果として実力を発揮出来ないことも多く厳禁です。駒澤が出雲を苦手としている理由の一つが、1区で好走できていないことにあるのは間違いないでしょう。また、ワースト2が3区、ワースト3が6区と主要区間でことごとく苦しんでいるのが分かります。

 

そんな状況を踏まえての区間配置予想となります。。。1区には窪田と並んで安定感のある中村にしてみました。(アジア大会で出場が危ぶまれていることは一旦置いておきます)駒澤で安定感のある選手を二人と言われたら、私は窪田と中村を推します。ならば、駒澤が苦手にしている1,6区に二人を持ってくるのが適切だと思います。

 

確かに、去年の大迫のようにアゲンストが強い中、無理に差を広げようとして失速する可能性もありますし、全体としてペースが遅かった場合には主力の無駄遣いになることもあります。しかし、そういったデメリットよりも、平均順位が7.2位というダントツでワーストな成績である1区で、出遅れる可能性が極めて少ない選手を持ってくるメリットのほうが大きいと考えています。そのくらい、駒澤にとって重要な区間だと思いますし、重要な選手を持ってくるべきだと思っています。

 

2区は最短区間であり、比較的スピードのある選手を起用していることから、西山にしてみました。(これまた、全カレの途中棄権は一旦置いておきます)スピード、駅伝での実績は申し分ないですし、前半はちょっと故障で出遅れていただけに、短い距離のほうがいいのでは?という考えもあって2区にしました。高校時代、駅伝での実績は全大学ルーキー中ナンバー1と言ってもいいだけに、大学でもそんな走りを見せてほしいものです。

 

3区は本来中村が適しているのでしょうが、1区にしてしまったため、村山にしました。出雲駅伝では1年次が1区13位、2年次が2区9位と2年連続でブレーキしているだけに、外すことも考えましたが、今の選手層ではそれも難しく、上級生になって一皮向けていることを期待し、起用するのではれば主要区間かなあと思い、3区を選んでみました。そろそろ、持ちタイムに見合った走りを見せてほしいものです。

 

4区は2年連続で走っている油布にしました。全日本も3年連続で同じコースを走っていますし、走り慣れた区間がいいかなと思います。2年前が4位、去年が3位とちょっと微妙な成績ではありますが、4区に油布を置けるのが、駒澤の強みかなと思います。全日本3区のような走りを期待したいところですね。

 

5区は全カレで好走した中谷にしました。本人のコメントから、調子が上がらずこのままでは駅伝メンバーに選んでもらえないと危機感を抱いていましたが、全カレの走りを見せられては選ばずにはいられないですねー。駅伝では外すことの少ない選手ですし、都道府県対抗駅伝で2年連続1区区間賞という実績もあります。

 

6区窪田は妥当でしょう。過去2年走って区間賞、区間2位(日本人1位)と素晴らしい成績を残しています。窪田が6区に控えることは、前を走る選手にとっても安心感につながりますし、優勝校のエースたちにも引けをとらない選手だと思います。しかし、過去2年はいずれも窪田の好走を活かすことが出来ず、涙のゴールでしたからねえ。最終学年の今年くらい、笑顔でゴールする窪田を見てみたいものです。

 

持ちタイムから見れば優勝候補ではありますが、出雲を苦手としていることから、優勝は厳しいのでは?とも思っています。ただ、今年の夏合宿はそこまで追い込み過ぎなかったという談話もありますし、出雲にしっかりと調整してこれているのであれば、期待も持てるかなと思っています。1区で終戦してしまうことが多い駒澤の出雲ですが、今年は最後までワクワクさせてほしいものです!!

 


PAGE TOP