2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~拓殖大学~

2014年3月8日

続いては、岡田監督に代わった直後はシード権を確保するなど結果を残したものの、ここ最近は箱根出場を次点で逃すなど、やや精彩を欠いている拓殖大学について・・・選手一覧はこのようになっております。関東インカレや全日本予選など主要大会では目立った結果は残せていませんが、自己ベストを更新した選手は多数出ました。1万mの持ちタイムチームトップ12人のうち、実に9人が今年度にベストを更新しています。元々、持ちタイムが悪かったというのもあるでしょうが、ベストを更新しないよりはしたほうがいいに決まってますからねー。さらに更新する選手が出てきてほしいものです。

 

エースのダンカンはトラックシーズンではそこまで活躍は出来ていなかったかなあ・・・むしろ下級生の方が強かった印象があります。。。1万mの自己ベストである27分53秒も1年の時の記録ですしねー。全日本予選でも、4組10位とダンカンにしては悪い走りに・・・最終組がもっと走れていれば、予選突破もありえただけに残念でした。とはいえ、昨年度の箱根予選ではベンジャミンにつぐ全体2位で走った実力者、今年もがっつりとタイムを稼ぐ役割が期待されるだけに、しっかりと箱根予選には合わせてきて欲しいですね。

 

昨年度までは野本がいましたが、今年の日本人エースは誰か?と言われるとちょっと回答が難しいところ・・・実績と持ちタイムから考えると佐護かなあ?1万mの持ちタイム日本人トップですし、全日本予選も3組6位で走ってますしねー。ただい、他大と比較すると物足りなさは否めませんよねえ。。。留学生の力だけでは厳しいですから、日本人エースと呼べる選手が出てきて欲しいところです。

 

 栩山(トチヤマ)は全日本予選で最終組を任されただけに、期待が大きいのかなあ?しかし、30分30秒オーバーの33位は厳しかったなあ。。。昨年度と違い、全日本予選の突破も見えていただけに・・・と考えると、去年よりは遥かに状態がいいということですね。去年はベストメンバーとは程遠いメンバーで結果も散々でしたからね。。。数少ない箱根経験者で7区を6位と好走した奥谷も期待したい選手ですが、全日本予選2組で26位という成績を見るとちょっと厳しそうかなあ・・・?最上級生として、チームを引っ張る存在になってほしいところなのですが・・・

 

高校時代の持ちタイムがチームトップであろう金森も今年は活躍してほしい選手です。1万mの持ちタイムは29分34秒まで伸ばし、全日本予選は3組23位でした。まだ主力とまでは呼べませんが、着実に力をつけており、箱根予選でも活躍が期待されます。

 

自己ベストを更新した選手は多数出たものの、30分きりが7人、29分30秒切りが2人というのはやはり寂しいところですねー。持ちタイムだけで勝負が決まらないのは重々承知ですが、最も指標になる1万mの平均持ちタイムでも20位ですからね。駅伝シーズンでのベスト更新にも期待したいところです。

 

箱根予選では、大きく稼げる選手がダンカンしかいないだけに、ある程度は集団走をしたほうがいいのかなあ?集団で走れても、一人で走れないと駅伝では使えないという意見もあるかと思いますが、まずは予選を突破しないことには始まらないですからねー。ペースメーカーがいるほうが走りやすいのは間違いないですし、昨年のようなことがないように、しっかりと調整をして余裕をもって予選を突破して欲しいです。

 


PAGE TOP