2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~城西大学~

2014年3月8日

続いては、箱根5区で棄権し、シード権を失って以降、これまたあまり元気のない城西大学について・・・選手一覧はこのようになっております。持ちタイムのいいルーキーも入り、箱根からの復活が期待された城西ですが、トラックシーズンは一部選手を除いてあまり奮わなかったかなあ・・・最も活躍したのは、関東インカレ1部の3000m障害で見事に4連覇を達成したのは主将の山口でしょう。4年間しかない大学生活で、その全てで勝利するというのはすごいですよね。さらに、5000mでも6位入賞を果たしました。主将として、箱根予選・本戦ともに活躍が期待されますねえ。特に、昨年は3年生主将なのに、箱根を走れなかったわけですから、箱根にかける思いは人一倍あるでしょう。

 

持ちタイムでは、松村元が28分49秒とあらたに28分台に突入しました。一時期は同学年の村山に大きく水をあけられていましたが、着々と力をつけてきましたねー。しかし、勝負である全日本予選の4組では30位と厳しい走りになってしまいました。まだまだ安定感に欠けるところがあるのが課題ですかねえ。それは、どの選手にも言えそうな気がしますが・・・

 

ルーキーの高橋は、5000mでは14分1秒まで持ちタイムを縮めるものの、一万mでは記録会で不調、全日本予選でも2組で37位と実質この組で終戦となってしまいました。どうも、まだコンディションが万全ではないようですねー。はまった時の強さはあるのですが・・・高3後半のような強さをまずは取り戻して欲しいです。

 

エース格である村山も全日本予選こそ3組1位と好走しましたが、撃沈するレースも多く、これまた安定感に欠けているのが心配ですねー。前半はいい位置につけているのですが、いつの間にかずるずると下がってしまうというレースもちらほら見受けられますし・・・もう少し状況・調子に応じた走りが出来るようになれば、そこまで撃沈することも減ると思うのですが・・・

 

他には、横手が29分29秒まで一万mでタイムを縮め、全日本予選でも3組で7位となるなど、いいトラックシーズンを送っていたと思います。4年生の人数が少ないだけに、やはり3年生にかかる期待・負担は大きくなりますよねー。村山、松村に注目が集まりがちですが、横田も力をつけてきていますし、二人に負けない気持ちで勝負していってほしいです。

 

箱根予選は、全日本予選メンバーに加えて、スピードのある山本、同じくスピードがあり、箱根6区で好走している平田、箱根10区を走った二平、7区を走った寺田あたりが走ることになりそうかなあ。これでちょうど12人ですねー。とはいえ、これでは全日本予選以降、新戦力が出てきてないことにもなってしまうので、さらなる底上げに期待したいと思います!

 


PAGE TOP