2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~中央大学~

2014年3月8日

続いては、箱根では28年守り続けてきたシードをまさかの棄権という形で失い、全日本予選でも惨敗するなど、元気のない中央大学について・・・選手一覧はこのようになっております。箱根での棄権から心機一転、復活を遂げたい中央大学ですが、トラックシーズンはあまりふるわなかったですねえ…そんな中、まずは好タイムを出したのが永井、箱根8区で幻の区間賞だった選手です。1万mで30分台の持ちタイムだったものが、29分5秒と28分台目前まで迫ってきました。箱根の結果を見れば、このくらいのタイムを出しても全然おかしくない選手ですよねー。しかし、全日本予選は3組にエントリーされながらまさかの当日交代・・・すっきりしない形でトラックシーズンを終えてしまいました。箱根予選会では絶対に必要な戦力ですから、万全な状態で当日を迎えてほしいですね。

 

他には、三宅が関東インカレ1部の1500mで入賞し、5000mも14分8秒と自己ベストを更新しました。しかし、長い距離の実績が無い中、全日本予選では4組を任され39位と大撃沈・・・なかなかにトラックシーズンを通じて結果を残した選手がいなかったですねー。自己ベストを更新した選手も少なかったですし、本来エース級の活躍が求められた須河、代田がともに全日本予選で1組を走るなど、ベストメンバー、ベストコンディションが組めない状況でした。この状況は昨年度の出雲からずっと続いているんですよねー。一体どうしてしまったのでしょうか??優勝争いに絡むこともないけれど、下位に沈むこともない安定した強さが中央にはあったはずなのに・・・これでは即シード復帰も険しい道のりとなりそうです。

 

そんな中、1年生はまずまずの走りを見せてくれたのではないでしょうか?町澤は関東インカレ5000mで自己ベストを出しました。勝負レースでの自己ベストはまだまだ力のある証拠だと思います。期待のルーキーですね。しかし、全日本はこれまた当日交代になってしまいました。永井、町澤と期待していた選手がそろって交代は残念でしたねー。。。町澤も箱根予選では元気な姿を見せてほしいです。1年で唯一全日本予選を走ったのは市田、3組で18位、ぎりぎりですが29分台で走れたのは評価できると思います。上級生が元気が無い状況ですが、1年生も遠慮せずにチームを盛り上げていって欲しいです。

 

箱根予選は、まずはベストメンバーを組めるかというところですね。もちろん、落ちることはまずあり得ないですが、ここ30年近く予選会に出場していないわけですから、予選会のノウハウはある意味最も低いことになります。今までとは違う調整になってくるでしょうし、しっかりとコンディションを合わせられるかも気になります。まずは全日本予選を走ったメンバー+永井、町澤の10人が基本になるかなあ?1年及び三宅は20kmに対応できていればという条件付きになりそうですが・・・そして、怪我から復活出来ているのであれば、新庄、西嶋には当然主力として稼ぐ走りをしてもらわないと困りますし、箱根9区を走った相場もいます。昨年度の悪夢を振り払うような走りを予選から期待したいと思います。

 


PAGE TOP