2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~上武大学~

2014年3月8日

続いては、箱根ではエース格の倉田が出場できず、最後まで苦しい戦いで完走した大学中最下位の18位となってしまった上武大学いついて・・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンで最も活躍したのは山岸でしょう。箱根では3区15位でしたが、その後の学生ハーフでは62分51秒で3位に入り、ユニバ代表にも選ばれました。その勢いはとどまることを知らず、1万mでは28分40秒、5000mでも13分56秒までタイムを縮めてきました。全日本予選でも3組で2位となりました。3年生が主将になったことに奮起したのか、見違えるような活躍を見せています。箱根予選は去年44位でしたが、今年は日本人トップを争うくらいの走りをしてほしいですね。

 

なかなか1年時のような走りが出来ていない佐藤は、1万mで28分台に突入しました。しかし、全日本予選では4組で23位となってしまいましたし、全日本インカレでも下位に沈むなど、まだまだ不調から脱しきれてはいないのかなあ?佐藤が山岸に負けないような活躍をしてくれると、チームとしても勢いが出てくると思うのですが・・・去年の箱根予選会も22位で走っている選手、今年もフリーで走るでしょうから、全体一桁を目指していってほしいですねえ。

 

怪我で出遅れていた倉田は全日本予選でいきなり4組を任され、組18位と復帰したばかりにしては、まずまずの走りを見せてくれました。その後、全日本インカレでは入賞も果たすなど、完全に戻ってきた印象ですねー。山岸、佐藤、倉田の3人は箱根予選で大きく稼ぐ役割が期待されることでしょう。その期待に違わぬ走りを見せてほしいです!

 

そのほかの選手はあまり目立った活躍は出来なかったかなあ・・・全日本予選も17位と去年全日本で7位になったチームとは思えないほど大惨敗を喫してしまいました。持ちタイムを見ても、28分台が二人いるのは心強いですが、29分台も二人しかいないというのはさすがにまずいですよね。。。30分15秒以内には何とか10人揃いますが、今後のことを考えても底上げは必須でしょう。箱根予選では集団走で臨むとは思いますが、ある程度力が無ければ集団層のペースにさえついていけないわけですからねえ。予選会を安定して突破出来ているうちに、さらなる戦力アップ、そしてシード権を目指していきたいところですねー。

 

佐々木、松元、大西といった他の3年生世代がまずはしっかりと走れることが大事かなあ。特に佐々木は3年生主将を任されたわけですし、リーダーシップはもちろん、走りでもチームを引っ張る存在になってほしいですね。後は、昨年は石黒しか予選を走らなかった2年生からも戦力となる選手が出てきてくれるとありがたいなあ。候補としては森、三好あたりかなあ?1年生もやはり即戦力がなかなか入りませんが、全日本予選補欠になった志塚あたりには予選会から出てきてほしいところです。

 


PAGE TOP