2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~東京農業大学~

2014年3月8日

昨年度は箱根予選、箱根と苦しい戦いになったものの、トラックシーズンでは関東インカレ2部で2種目優勝を果たすなど、回復の兆しを見せている東京農業大学について・・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンは、まずまずの結果だったのではないでしょうか?最も活躍したのは戸田でしょう。関東インカレでは2部1500mで駒澤の油布を振り切って優勝、5000m13分台、1万m28分台にも突入し、まさにチームのエースとしての風格が漂ってきました。唯一の不安はやはり距離対応、ハーフベストは64分37秒、昨年度の箱根予選は136位、箱根は4区で最下位・・・インターハイで優勝するほど、1500mが得意な選手がいきなり20kmに対応というのもなかなかに難しいですよねー。しかし、箱根で戦力になってもらわないと困る選手ですし、今年どこまでハーフの距離を走れるかに注目したいです。

 

関東インカレ2部の3000m障害では戸田と同じ東農大第二出身の佐野が見事に優勝しました。まだ3大駅伝や予選会への出場が無く、ハーフも66分台と戸田と同じく距離対応が待たれる選手です。3000m障害に強い選手が、箱根でも好走するケースは多々ありますし、戸田と切磋琢磨していってほしいです。一方、怪我や不調などで出遅れていたエースクラス二人が、全日本予選で復調してきたのは、明るいニュースだったと思います。まずは浅岡、箱根では3区19位と厳しい走りになり、その後も故障していたのか見かけませんでしたが、全日本予選では1組を4位で走るまで戻ってきました。このまま怪我無く練習をつめれば、また強さを見せてくれると思います。

 

もう一人、箱根では2区19位に沈んでしまった竹内はレースには出るものの、1万mで28分台とは思えないような苦しいレースが続いていました。そのためか、全日本予選では2組を走ることになりましたが、5位で走り、浅岡同様に復調してきた印象を受けました。去年の箱根予選ではチームトップの9位で走っている選手だけに、貴重な戦力です。今年も素晴らしい走りを箱根予選で見せてほしいです。

 

トラックシーズンで他に活躍したのは三輪があげられます。1万mでは29分11秒までタイムを延ばし、全日本予選では最終組を走って12位という好走でした。今後に期待が持てる走りをしてくれましたねー。昨年度の箱根予選は112位と100位オーバーでしたが、今年はチームでも稼ぐ役割を担ってほしいと思います。箱根予選は、去年は9位とぎりぎりでの突破でしたが、今年は何度も言ってますように増枠があります。昨年度の箱根予選2~4位だった木村、内藤、青木が卒業してしまったとはいえ、通過は問題ないでしょうが、これまたぎりぎり通過するだけでは、今後箱根に出られなくなってしまう恐れもあります。。。チームとして上昇気流にのっていくためにも、箱根予選をいい形で突破してほしいですね。

 


PAGE TOP