2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~神奈川大学~

2014年3月8日

箱根では、5区で大きく遅れてしまい、シードを逃したものの、他の区間はここ最近にないほどしっかりと走れていた神奈川大学について・・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンはいつも通りと言いますか、あまり記録会に出てこないチームなので、主力以外の自己ベスト更新は少なかったですねえ。選手に自信を付けさせる意味でも、もっと中堅どころがどんどん記録会に参加すればいいのにと思うのですが・・・

 

トラックシーズン、28分台が二人誕生しました。一人目は我那覇、箱根駅伝ではルーキーながら7区区間賞、その後、記録会で28分台を出し、先日の全日本インカレ1万mでも28分台に迫る走りを見せるなど、チームのエースと呼んでいい選手だと思います。箱根予選会、昨年度は62位という成績でしたが、今年は大幅に順位をアップしてくるでしょう。もう一人の28分台は柿原、トラックにて我那覇や西山に比べると実績面では劣りますが、昨年度の箱根予選会では39位とチームトップで走るなど、頼りになる選手の一人です。今年の予選会でも、我那覇、西山らとともにタイムを稼いで欲しいですね。そして、2年連続で出場できていない箱根本戦に、今度こそ出場していい走りを見せてほしいです!!

 

西山は持ちタイムこそ29分23秒と我那覇、柿原に劣るものの、実績では箱根で2区11位、1万mで自己ベストを更新し、関東インカレでも好走するなど、勝負強さでは負けていないですね。昨年度の箱根予選も45位とチーム2位の好成績で走っております。今あげた3人がしっかりと走ってくれないことには始まりませんからね。

 

出雲・全日本は出場権が無いだけに、箱根予選にはきっちりと合わせてきたいですね。予選会では安定して力を発揮していますし、予選落ちしたのはインフルで体調不良者が続出した時だけですから、コンディションさえ整えば突破は問題ないでしょう。即戦力ルーキーも入っていない神奈川としては、2,3年生が中心になるのは間違いないですけどねえ。他にも2年生では渡邉、南が箱根予選を昨年経験していますし、3年生では赤松、小泉も去年の箱根予選会で上位に入り、箱根でも往路でともに区間10位で走るなど、好走してくれました。

 

ただ、昨年度の箱根エントリーが14人でその中に現4年生が一人もいなかったのが心配といえば心配かなあ。坂本、上倉あたりが4年生の意地を見せてくれればと思います。また、メンバーが固定化されてしまいそうなのも心配といえば心配です。今、データベースに登録されているのは13人で、日体大と並んで最低、13人で駅伝経験者、5000m、1万m、ハーフのトップ10が全てまかなえてしまうことになります。新戦力の台頭にも期待したいと思います!

 


PAGE TOP