2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~日本大学~

2014年3月8日

続いては、全日本は留学生エースの力もあり、シード権を確保するものの、箱根は予選落ちも経験するなど、厳しい戦いが続いている日本大学について・・・選手一覧はこのようになっております。日大のここ最近の課題といえば、エース級は他大に引けを取らないけれど、中堅どころがなかなか育っていないことかと思いますが、トラックシーズンを見ていると、むしろ状況は悪化しているようにも思えます。。。

 

留学生エースのキトニ―は、ベンジャミンが抜けた穴を埋めてくれることを予想される活躍でした。関東インカレではオムワンバには敗れたものの、表彰台をキープし、全日本インカレでは5000m、1万mで2冠を達成しました。順調に力をつけてきており、後はオムワンバに勝てるようになれば・・・といったところかなあ?駅伝シーズンも何も心配はいらなそうです。その一方、日本人エースとして期待される田村は怪我の影響があり、トラックシーズンは全くと言っていいほど姿を見せませんでした。まだ万全ではないようで、今後10月から始まる箱根予選、全日本と出場できるのかが気になりますね。コンディションに問題が無ければ、主要区間でも区間賞を争えるような選手であり、日大にとっては必要不可欠な選手です。是非とも復活してほしいです。

 

箱根を8区5位と好走した林も、これまた万全ではないようで、日本人の主力に元気がないです。この時期に故障を抱えていると、夏合宿をしっかりとこなせないことになり、それが駅伝シーズンに悪影響を及ぼすことが多いですからねえ。今、どこまで回復しているかは分かりませんが、田村、林が万が一箱根予選に出られないなんてことになると、いくら増枠とはいえ、不安が残りますね。。。トラックシーズン、日本人で一番活躍したのは、トラックではないですが、関東インカレハーフで8位入賞を果たした竹ノ内かなあ?爆発力のある選手ではないですが、崩れることが少ない選手で安定していると思います。区間中位では走ってくれそうなイメージかなあ。箱根予選でもチームを引っ張る存在になっていって欲しいですね。

 

2年生の荻野もインカレなどの主要大会で結果を残すまではいきませんが、しっかりと走れているようです。今、2年生で戦力になってくれそうなのでは、キトニ―、荻野くらいなものですし、荻野もなかなかに安定感のある選手だと思いますので、キトニ―とともにチームを引っ張る存在へと成長していってほしい選手ですね。ルーキーの石川は大学の壁に跳ね返されている感じかなあ?夏合宿を経て、長い距離にも対応していって欲しいですね。今の選手層を考えると、即戦力になってくれないと困りますからね・・・

 

全日本は何もなければキトニ―8区は確定でしょう。1,2,4区を先ほど名前をあげた田村、林、荻野、竹ノ内あたりで担うのが妥当かなあ?昨年度はシードラインに対し、7区終了時で3分差あったものの、ベンジャミンがあっさりとひっくり返してしまいましたからね。やはり、最終区にスーパーエースをおけるチームは強いです。ベストメンバーが組めれば、今年も十分にシードを狙う力はあると思います。

 

逆に箱根予選は不安が残りますねー。監督が代わり、果たしてどれだけチームの底上げが出来ているのか・・・箱根予選で100位以内に入ったことのあるん選手が、先ほどあげた選手以外いないんですよねー。50位以内に限れば、田村しかいません。さすがに増枠の今年落ちることはないでしょうが、増枠を利用して突破するようでは今後が不安ですし、予選といえど、しっかりとコンディションを合わせ、ゆとりをもって突破してほしいです。

 


PAGE TOP