2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~國學院大学~

2014年3月8日

続いては、箱根をベストコンディションで臨めず、シード落ちして以降やや元気のない印象の國學院大學について・・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンは主力があまり元気がなかったかなあ・・・新たに、1万mで29分台に突入した選手はちらほらいましたが、29分45秒~30分の間に9人も選手がいるというのがいいのか悪いのか・・・ここら辺の選手が29分前半まで伸ばしてくるようになれば、チームとしてもいい傾向だと思うのですが・・・エースである寺田も最終学年、しかし関東インカレでは入賞を逃し、全日本予選でしっかりと走れば突破が狙える位置だったのに、最終組で20位というのはちょっと寂しいですよねえ。インパクトを残した箱根1年時から、着々と力を付けてきただけに、最上級生として、インパクトのある走りを見せてほしいです。

 

全日本予選がトラックシーズンにおけるチームの状況をみる一つの基準となると思うのですが、國學院は8位と惜しかったのですが、組1桁で走った選手が一人もいなかったんですよねー。ベストメンバーとまではいかなかったかもしれませんが、チームの主力選手がそろっていたはずなのですが・・・最終組を走って期待されていた柿沼も組32位と撃沈してしまい、これが痛かったかなあ。。。出雲、全日本の出場権が無いだけに、まずは箱根予選会をしっかりと走って突破したいところですね。2年連続でシード権を獲得していただけに、箱根予選会を経験している選手がほとんどいないのが不安材料と言えば不安材料ですが、増枠が無くても突破する戦力はそろっていると思います。全日本予選を走った選手+前年度の箱根を走った選手が9人、まずはこの9人が問題なければそのまま箱根予選を走ることになりそうですね。後はハーフの持ちタイムが上位の選手かなあと思ったのですが、62分台の寺田のつぎは、63分台がおらず、64分台も沖守、大下、柿沼、塚本の4人だけで後は65分以降というのは、いくら持ちタイム以上の力を発揮している國學院とはいえ、ちょっと寂しい気がします。

 

箱根予選を突破出来れば、箱根本戦はまずベストメンバー・ベストコンディションで臨んでほしいですよね。前回、1区沖守は調子が悪いのが分かっていたけれど、代わる選手がいなくてしょうがなく走ったという話でしたし(結果は区間19位・・・)、主力の一人だった中山も7区?と思ったらやはり万全ではなくて区間17位・・・、寺田も本番に合わせきれず、2区を15位ともうレース前から勝負になっていなかったみたいですからね。寺田が走るのは2 or 5区でしょうが、2年時の好走を見ていると、また5区を走ってほしい気がしますねえ。ただ、そうすると2区を走る選手が誰になるのか?ということになりますが・・・沖守、大下、柿沼あたりが主要区間を走ることになると思いますが、2区を任せられる選手が出てきてくれればと思います。または大下がさらに力をつけていれば、もう一度2区寺田、5区大下というのももちろんありだと思います。國學院がシードを取れた時にはやはり、2,5区をしっかりと走れていたのが大きかったですからね。持ちタイムが悪くても、ちゃっかりシードを獲得してしまう國學院の粘り強さというのはなかなかに爽快なものもありますし、タイムじゃないんだというところを、今度の箱根でも見せてほしいです!

 


PAGE TOP