2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~大東文化大学~

2014年3月8日

続いては、市田兄弟が一段と成長し、チームとしても成長を続けている大東文化大学について・・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンでひときわ活躍したのは、市田孝ではないでしょうか?1万mで28分台に突入し、関東インカレでは2部1万mで3位、全日本予選では最終組で4位に入るなど、まさにエースと呼ぶにふさわしい活躍をしています。学年が上がるごとに成長してきていますね。

 

市田宏も箱根で1区5位と好走し、関東インカレの2部ハーフで優勝するなど、強くなりましたねー。高校時代はまだまだ孝と比べると劣っていた印象ですが、双子揃って伸びてきたのは、設楽兄弟を思わせるかなあ?まだまだ、強くなっていってほしいです。

 

3本柱として期待されている片川は怪我の影響もあり、やや奮わないトラックシーズンだったかなあ?それでも、怪我明けの関東インカレの2部ハーフで3位に入りました。全日本予選では3組で15位はちょっと力からすると微妙な結果だったかなあ?駅伝では市田兄弟とともにチームを引っ張る存在でいてほしいです。

 

全日本予選では3組で35位と苦しすぎる走りとなってしまった大崎ですが、春先は5000m,1万mともに大幅に自己ベストを更新してきました。全日本予選は万全ではなかったのかなあ?チーム4番手の選手が大崎だと思っていますし、まだまだ伸びていってほしい選手です。

 

3大駅伝では全日本の出場権を獲得しており、今の戦力と増枠を考えれば、箱根予選の突破も間違いないでしょう。全日本予選8人中7人が上級生であることからも分かるように、今年は勝負の年となりそうです。全日本予選はベストメンバーだったこともあり、出場した8人(大西、北村、平塚、植木、片川、大崎、市田兄弟)が基本的に全日本のメンバー候補かなあ?市田兄弟、片川、大崎で1,2,4,8区が妥当かなあ。。。ただ、それでは新戦力が出てこないということですから、チームとしても寂しいですね。まだ、3大駅伝も全日本予選も登場していない2年生が出てきてくれると、チームとしても底上げにつながりますね。まずは、1万mで30分きりを果たしす選手が出てこないとかなあ・・・

 

箱根は6区、9区を走った田口、稲田康が抜けましたが、ともに16位とチームに貢献したとは言いがたい成績だったし、今年の方が去年より遥かに戦力は上でしょう。十分にシード権獲得を狙えるチームだと思います。エース力はシード校と何ら遜色はないですし、後は選手層の厚さがとにかく重要になってきますね。今年、躍進が期待される大学だと思います。

 


PAGE TOP