2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~青山学院大学~

2014年3月8日

続いては、昨年度は出雲を初優勝したものの、全日本は不出場、箱根も8位と苦しい結果に終わった青山学院大学について・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンの青山学院は出したタイムを見る限りでは、好調だったのではないでしょうか?卒業した出岐が29分台だったように、1万mの記録会には消極的だった青山学院ですが、今年は積極的に出場してきました。竹内が28分台を出し、唯一の28分台、神野、遠藤もそれぞれ29分1秒、2秒と好記録で28分台は目前です。エースの久保田、期待のルーキーの一色も全日本予選で初1万mでまずまずのタイムを出し、1万mの平均持ちタイムは8位まで上がってきました。

 

しかし、関東インカレではなかなかに振るわず、2部落ちとなってしまいました。やはり、1部の壁は分厚いですね。久保田には絶対的なエースになってほしいところですが、関東インカレの結果などを見ていると、まだそこまでずば抜けた存在ではないかなあ?出雲では3区で優勝につながる見事な走りを見せ、箱根3区でも4位ですが、負けた相手は早稲田の大迫、東洋の設楽悠太、駒澤の中村と大学を代表する選手ばかりですし、ロードでの強さは高校時代から目を見張るものがあります。駅伝シーズンではやはり久保田の活躍が必須でしょうし、エース区間を走ってほしい選手です。

 

今年最も成長したのは神野かなあ?まだ3大駅伝出場はないですが、1万mのタイムはもちろん、全日本予選の3組でも4位と久保田を上回る走りを見せました。今年の3大駅伝デビューは間違いないでしょう。いきなり主要区間への登場ということもありそうです。同じ2年生の小椋は去年ほどの勢いは今年見られません。全日本予選もメンバー落ちしてしまいましたし、まだ万全な状態ではないのかなあ?出雲の優勝は小椋の1区の粘りがあってこそでしたし、今年も活躍してもらわないと困る選手ですね。

 

全日本予選のメンバーを見ても、なかなか足並みがそろわないのが、今の青学の気になるところですねー。久保田世代、一色世代と他大もうらやむようなスカウトを見せているだけに、ベストメンバーがそろえば今年の駅伝でも楽しみなチームなのですが・・・出雲は連覇を狙うことになりますが、さすがに去年は出来すぎな感は否めません。4区で区間新の大谷、6区で素晴らしい走りを見せた出岐が卒業してしまったのも大きな痛手ですね。現実的には5位以内といったところかなあ?各学年に主力となる選手はそろっていますし、選手層も暑いのでどんなメンバーでくるのかも楽しみです!

全日本は2年ぶりの出場となります。シード権を狙うとなると、やはり8区をしっかりと走れる選手が必要かなあ?シード権を狙う各大学には強い選手がそろいそうですからねえ。特にボーダーラインになりそうな山梨学院、日大はオムワンバ、キトニ―という切り札がいますから。。。

箱根は最低でも去年以上の成績を目指したいところですし、十分可能だと思います。ルーキーも一色は出番があるでしょうし、他にも期待のルーキーが怪我から完全復活してくればチャンスはありそうです。秋山、内田など力がありロードで結果を残している選手がそろっていますからね。山下りは竹内が走れれば走ってもらうのが一番かなあ。山登りは松田、小嶺と経験者がそろって卒業してしまったため、また探さないといけないのが気がかりですね。秋山が5区適正があるといわれていましたが、果たして・・・?メンバーは揃っていますので、後はベストメンバーで臨めれば、結果も付いてくると思います。

 


PAGE TOP