2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~明治大学~

2014年3月8日

続いては、最強スカウトと言われた世代も3年生と上級生となり、そろそろタイトルが欲しいであろう明治大学について・・選手一覧はこのようになっております。トラックシーズンにて最も活躍したのは大六野ではないでしょうか?関東インカレでは5000m,1万mでともに入賞を果たし、ともに自己ベストを更新という素晴らしい走りを見せました。関東インカレのような気象条件がそれほど良くなく、大事な勝負の場で自己ベストを出せるのは力のある証拠だと思います。去年も3大駅伝では出雲6区、全日本、箱根2区といずれもエース区間を走りましたが、絶対的エースがいないから大六野が任されていたという印象でした。今年は、名実ともにエースとして、エース区間を他大のエースと争って欲しいです。

 

有村も5000mで13分43秒という大学トップ10に入るような好タイムを出しています。出雲で最下位の後、全日本で区間賞など浮き沈みの激しさが課題として挙げられていいますが、上級生になり、大六野とともにチームを引っ張っていけるような安定感を身につけて欲しいです。その他には、5000mで13分台、1万mでも29分10秒台を出した山田速人もトラックシーズンで好調だった選手の1人です。5000m平均では駒澤を抜いて全大学中トップになるなど、なかなかに充実したトラックシーズンだったのではないでしょうか?

 

唯一の懸念点はルーキーが全くと言っていいほど結果を残していないことですねえ。持ちタイムトップの近藤もイマイチな走りでしたし、個人的に期待していた櫃本も怪我のため、大きく出遅れていますし・・・来年が勝負の年ということを考えると、今年のルーキーの成長は大事になってきます。一人でも多く戦力になってきてほしいですね。

 

3大駅伝の出場権を持つ明治、5000mの持ちタイムからすれば出雲が最も優勝に近いのでは?と思いますが、過去4大会は12位→8位→7位→11位となかなかに悲惨な結果となっております。特に前半での出遅れが響くレースが多いですね。ここまで悪いと、出雲に向けて調整してきてないのでは?と思ってしまいます。選手層が厚いだけに、調子のいい選手を選んで使ってほしいものです。過去の結果を見る限り、3位以内も厳しそうな感じはしますねえ。。。

 

全日本は過去4大会中3回シード権を獲得するなど、比較的相性はいいように思えます。2区大六野だとすると、8区を誰が走るのかだけが心配ですねえ。前回は大江がまずまずの走りをしましたが・・・8区にあまりエースを置いてこない明治だけに、配置が読みにくいです。その他の区間は戻っていれば文元が1区を走ってくれるとチームとしては助かりますね。4区は有村とかかなあ?3年生だけでも全日本メンバーが組めそうなくらい選手は揃っていますね。今後のことを考えると、ルーキーも1人くらい入ってきて欲しいかな。

 

箱根は9,10区でブレーキがあって7位まで順位を落としてしまいましたが、一時は2位を走るなど健闘しました。ここ最近の明治は箱根にしっかりと合わすことが出来ていますね。去年走ったメンバーが8人残っており、ここに山田速人、石田、木村あたりが絡んでくる形になりそうかなあ?6区は区間記録に迫った廣瀬がいるので何も問題はなく、やはり最大の懸念は大江が卒業した5区ですね。大江が走る前の5区は17位→16位→2位→18位→18位と非常に厳しい戦いを強いられているんですよね。大江も元々は5区を走る予定ではなかったようですし、誰を上りにするのかは頭を悩まされそうです。5区さえしっかりと走れれば、一昨年度の3位も十分に狙えるチームだとは思うのですが。。。

 


PAGE TOP