2013年日本インカレ5000m結果雑感 ~キトニーが2冠、大迫が貫禄の2位に~

2014年3月8日

日本インカレの5000mが先日行われましたので、その感想を簡単に述べたいと思います。

 

優勝は日大のキトニー、13:46.19でした。前日に1万mで優勝した翌日に5000mでも優勝ですからね。強いです。最後は大迫にも競り勝ちました。連戦にも強さを見せ、箱根予選会、全日本が俄然楽しみになりました。ベンジャミン卒業の穴を埋めるような活躍を期待したいと思います。

 

2位は早稲田の大迫、13:47.21でした。惜しくもキトニーには敗れたものの、つい数日前に海外から帰ってきたばかりで、全カレも出場するかどうか微妙と言われていまいたが、走れば結果を出すのが大迫ですね。やはり、日本人大学生の中では頭一つ抜けているようです。本人はあまり駅伝に興味が無さそうですが、それでも最後のシーズン、どんな走りを見せてくれるのか楽しみにせずにはいられません。個人的には平賀が走っていた出雲6区、全日本8区、箱根2区を見たいですが、損可能性は低そうかなあ・・・?

 

3位は駒澤の窪田、13:57.06でした。キトニー、大迫には遅れをとりましたが、13分台できっちりと表彰台を射止めるあたりさすが窪田です。前日の1500mで油布が優勝1万mで村山2位、中谷が5位も刺激になったでしょうか?やはり駅伝シーズン、駒澤は窪田を中心に動いていくでしょうし、最終学年の今年、さらなる高いパフォーマンスを見せて欲しいです。

 

4位は東洋の設楽啓太、14:00.58でした。奇しくも早稲田、駒澤、東洋と3強と呼ばれたチームの4年生エースが2~4位に並びました。駅伝で3人が同じ区間を走るということはなかなか無いですが、チームを引っ張る存在として切磋琢磨していくことでしょう。啓太も順当にいけば、出雲1or6区、全日本2区、箱根2区となるでしょうか?東洋を3冠に導くことができるのか注目です。

 

5位は同じく東洋の延藤、14:08.43でした。昨年の全日本で3区2位となって以降、箱根は不出場になるなどなかなか目立った結果を残せていなかったですが、全カレで5位入賞を果たしました。東洋の層の厚さは全大学No.1だと思いますが、そんな中でいいアピールになったのでは?最後の箱根、是非とも走ってもらいたいです。

 

6位は早稲田の山本、14:12.65でした。前日に1万mで4位になり、5000mでも6位とダブル入賞を果たしました。完全復活といっていいのではないでしょうか?ダブル入賞は他にキトニーしかしていませんし、力がなければ出来ませんからねー。3大駅伝でもフル回転してもらわないと困る選手ですし、ここにきて調子が上がってきているのはいい傾向では?大迫とともにチームを引っ張っていって欲しいです

 

7位は城西の村山紘太、14:14.61でした。前日の1万mでは入賞を逃しましたが、5000mでは何とか入賞してきました。どうしても調子のいいレースと悪いレースの差が激しくムラがあるのは否めませんが、今の城西大学を引っ張っていって欲しい選手ですし、出雲、全日本に出られない分、まずは箱根予選をしっかりと走り、箱根へとつなげていって欲しいです。

 

8位は上武の倉田、14:15.08でした。昨年度の箱根では1区にエントリーされながら当日変更となってしまい、その時点で上武のシードはほぼ絶望的かなと思ってしまいました。。。怪我からようやく復活し、全日本予選でもまずまずの走り、そして全カレでの入賞で復活したといっていいでしょう。今年の上武は例年にも増して選手層が薄いだけに、箱根予選会では倉田に大きく稼ぐ役割が求められます。是非ともチームの期待に応えてほしいものです。

 

9位以下では、順大の松枝、早大の武田が9,10位と惜しくも入賞を逃しましたが、今シーズンの勢いそのままになかなかの結果を出しました。駅伝でも楽しみです。逆に心配だったのは、明治の横手、青学の竹内が15分台、駒澤の西山が途中棄権となってしまったあたりですねー。竹内は久しぶりに大会で見ましたが、まだ万全ではないのか、それとも全カレに合わせていなかっただけなのかが気になります。西山は転倒があっての途中棄権ということで大事に至っていなけれいいのですが・・・後1ヶ月ちょっとで出雲があるだけに、影響が気になります。。。

 


PAGE TOP