2013年日本インカレ1万m結果雑感 ~トップはキトニー、村山謙太が2位に~

2014年3月8日

 日本インカレの1万mが先日行われました。結果はこのようになっております。

優勝したのは日大のキトニ―、28:17.31で自己ベストを4秒更新し、2位に26秒差をつける圧勝でした。オムワンバに阻まれてなかなかタイトルを手にすることが出来なかったキトニ―でしたが、オムワンバが欠場した今大会、自己ベストで勝ちきる強さはさすがですね。箱根予選会、全日本と続いていきますが、いずれもエースとしての活躍が期待されます。常に外さない強さもありますしね。

2位は駒澤の村山、28:43.89でした。途中のキトニ―のペースアップに最後までついていき、後半はややばてましたがそれでも粘って2位を守るあたりは前よりも強さを感じるような・・・駅伝では各種記録会・大会のような強さを感じるレースが出来てはいませんが、上級生となり、チームを引っ張っていってほしい立場にもなりますし、他大のエースにも負けない走りをみせてほしいです。

 

3位は日体大の山中、28:45:63でした。最後村山を猛追したものの惜しくも届かず・・・しかし、持ちタイムを面白いように更新し、今年最も成長した選手の一人だと思っていましたが、日本インカレでもその強さを見せつけました。安定して28分台を出せるようになりましたし、昨年度の駅伝、日本インカレと大きな大会で力を出せる強さ、もう日体大も3本柱とは呼べないですね。服部、本田、矢野に勝るとも劣らない強さを身につけてきたように思えます。来年度は間違いなくエースとなるでしょうが、今年度からエースとしての働きを見せてほしいものです。

 

4位は早稲田の山本、28:57.21でした。昨年度の箱根以降、なかなかいいレースが出来ていなかった山本ですが、久しぶりにいい走りをしてくれたのではないでしょうか?大迫だけが突出してしまっているように見えるチーム状況でしたが、やはり2番手の山本がしっかりと走ってくれるとチームとしても引き締まるでしょう。エース区間を常に走っていた平賀が卒業し、3大駅伝では大迫、山本がエース区間を任されることになるでしょうし、また安定した強さを見せてほしいです。

 

5位は駒澤の中谷、28:58.80でした。入賞者の中で最も驚いたのが中谷でした。日本インカレという大舞台で28分台の自己ベストで5位入賞とは・・・調子がなかなか上がらないと書かれていただけに、私も含め駒澤ファンにとっても驚きかつ嬉しい結果だったのではないでしょうか?駒澤にとっては久しぶり、5人目の新28分台ランナーの誕生ということになります。3大駅伝にはこのままでは選んでもらえないという本人の発言がありましたが、今日の走りを見る限り、出雲・全日本と十分メンバー争いに絡んできそうですね。

 

6位は早稲田の柳、28:59.12でした。怪我があったものの着々と力をつけ、今年に入ってすでに5000m、1万mともに自己ベストを更新している柳が、主要大会で初の入賞を果たしました。自己ベストでの入賞は力がある証拠だと思っています。昨年度は経験不足もあってか全日本、箱根といい結果を残せませんでしたが、今年は安定して結果を残せていますし、主要区間を任されることになりそうですね。駒澤以上に久しぶりな早稲田にとっての新28分台ランナーの誕生となりました。これで4人目ですね。大迫、山本、柳と28分台ランナーが結果を残しているだけに、残りの一人である志方の復活が待たれます。

 

7位は第一工大のジョン・カリウキ、28:59.59でした。第一工大も一時期は出雲、全日本で関東に割って入るような成績を残していたのですが、最近は留学生が1区を上位でつなぐものの、それ以降はただ順位を下げるだけというレースが多くなってしまっていますね。基本的に留学生以外は地元の鹿児島出身の選手で構成されていますし、その鹿児島の選手も多くは関東の大学に進んでしまう現状を考えると、なかなか再び強くなるのは厳しそうかなあ。。。

 

8位は神奈川大の我那覇、29:00.28でした。惜しくも28分台とはならなかったものの、セカンドベストで最後の入賞枠に滑り込みました。2年生ながら、西山とともにチームを引っ張る存在となっている我那覇、箱根予選会でも大きく稼ぐ役割が期待されますね。金太郎飴のチームと言われ、なかなか絶対的なエースが出てこなかった神奈川大ですが、我那覇には強いエースになっていってほしいです。

 

9位には大東大の市田孝が入りました。弟の宏が途中で棄権してしまったのは心配ですが、二人とも今年に入ってますます成長していますね。さらなる成長を期待したいと思います。入賞者以外では山梨学院の佐藤が29:05.60と自己ベストを更新しました。今年に入って2度目の29分1ケタ台、全日本予選も好走していますし、この強さは本物ではないでしょうか?今年の駅伝でも活躍が楽しみなルーキーの一人です。その一方で先輩の井上は29分50秒と珍しく苦しい走りとなってしまいました。きっと箱根予選会、全日本と本番までには修正してくるでしょう。

 

その他、有力選手では、城西の山口、順大の小澤、神奈川の西山、上武の佐藤、日体大の勝亦といった選手が軒並み良くなかったかなあ?特に勝亦は31分30秒オーバーでどうしてしまったのか・・・?先日、1万mで自己ベストを更新していたので期待していたのですが・・・まあ、日本インカレといっても合宿の間に行われる大学もあり調整が難しいこともあると思います。駅伝では各選手ともしっかりと調整して良い結果を残して欲しいです。


PAGE TOP