2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~順天堂大学~

2014年3月8日

続いては2年連続で箱根シードを獲得し、暗黒時代からは完全に脱してきた感のある順天堂大学について・・・選手一覧はこのようになっております。主力だった4年生がごっそりと抜けてしまい、どうなることかと思いましたが、全日本出場を決めるなど、まずまずのトラックシーズンだったのではないでしょうか?

 

最も伸びた選手は松枝でしょうか?5000mで大きく自己ベストを更新すると、関東インカレでは1500mで2位に入るなど活躍を見せました。全日本予選でも最終組を任されるなど、チームでの信頼も厚いようです。昨年度の駅伝では出雲、箱根ともに活躍出来ませんでしたが、今年はさらなる飛躍に期待したいと思います。

 

1万mではなかなか自己ベストを更新する選手は現れませんでしたが、5000mでは松枝の他に松村優樹、和樹、小澤、西郷、岩崎といった持ちタイム上位の選手が軒並み自己ベストを更新しています。主力が自己ベストを更新するというのは、チーム状況を考えてもいい傾向ですねえ。

 

全日本予選は突破が厳しいと見られていましたが、大きなブレーキをすることなくなんとか粘りきり、今年は7枠に増えた全日本出場権の最後の椅子に滑り込みました。去年の戦力で落ちて、今年の戦力で通るというのはなんとも不思議ではありますが、晴れて3大駅伝出場を決めましたし、主力が卒業した今年、一つでの多くのレースに参加し、経験を積んでいきたいところですからね。本番への調整力を見せて欲しいです。

 

出雲は2区田中で一時はトップに立つなど見せ場を作りました。一昔前は順天堂のトップ争いが当たり前でしたけど、最近は苦しい戦いが続いていましたからね。また強い順大を見たいです。昨年も出場した松村優、松枝、西郷がそのまま主要区間である1,3,6区を任せるのが順当なのかなあ?戻っているのであればラストが強い的野が1区も面白そうですが・・・また箱根で2区を走った小澤も出番があることでしょう。これで5人・・・6人目は調子のいい選手を使う感じかなあ?5000mの持ちタイムでいえば岩崎が抜けていますが、3大駅伝出場経験がなく、全日本予選、箱根予選ともにいい走りを見せれていないのが厳しいかな。。。他にも松村和、稲田、ルーキーの安斎といった選手も候補に入ってきそうです。やはり、厳しい戦いになりそうかなあ・・・

 

全日本も先ほどあげた選手が中心となることでしょう。松村優、松枝、西郷、小澤で1,2,4,8区を任せるのが王道かなあ?3区はスピードのある安斎あたりに任せられると面白いですが距離対応が1年目でどこまで出来るかなあ?ギリギリの出場ですし、シード権は厳しいと思いますが、久しぶりの全日本で大暴れして欲しいです。

 

箱根はさらに厳しくなります。走った選手が6人卒業していますからねえ。6人卒業というと、圧倒的な強さで箱根を制した今井世代が抜けた時を思い出して、やや不安な気持ちになるのですが・・・あの時はどん底まで転落してしまいましたが、その失敗をいかして今回はそんなことがないようにしてほしいですね。今度こそシードは厳しいと思いますが、最下位通過でシード権獲得という離れ業をやっている順大なだけに、いい意味で期待を裏切る走りを見せて欲しいです!

 

 


PAGE TOP