2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~早稲田大学~

2014年3月8日

続いては、2010年度の3冠以降、なかなか優勝争いに絡めていない早稲田大学について・・・選手一覧はこのようになっております。28分台が10人いた2年前と比べるとやや寂しくはなってしまいましたが、それでも伸びてきている選手も多く、楽しみなチームになってきた感じはします。

トラックシーズンは自己ベストを出す選手が多かったものの、関東インカレで大迫しか入賞出来なかったのが印象を悪くしていますねー。特に大迫につぐ選手の山本の調子がなかなか上がらないのが気がかりかなあ・・・その一方、学生ハーフでは田口、柳、高田、三浦など63分台で大幅に自己ベストを更新し、今後に期待を抱かせる結果となりました。トラックシーズンでは武田の29分4秒を始め、柳が29分2秒、田口が29分14秒と1万mで好記録をだし、5000mでは武田が13分台に突入、柳が14分2秒、田口が14分1秒とこの3人が元気でした。合宿でもAチームでバリバリやっているということで、駅伝シーズンも楽しみです。

その一方、なかなか怪我と不調から脱出できていないのが志方と平です。ともに大学時代は駅伝、インターハイで好成績を収めております。志方は学年が上がるにつれて悪くなってきているのが気がかりです。平もしつこいですが、去年のインターハイが衝撃的だっただけに、また強さを取り戻してくれれば。。。

出雲は4年連続で6区を走っていた平賀が抜けたところをどうするかが問題ですね。3大駅伝全てでエース区間を走る続けた平賀の抜けた穴がとにかく大きいです。大迫を6区に回すことになるのかな?去年は3大駅伝で全て二桁だった1区も気になります。1区を凌いでという考えでは厳しいかな?先ほど名前をあげた田口、武田、柳あたりが走ってくれれば・・・+大迫、山本、高田の6人がまずは候補かなあ?志方が戻ってくれると助かるのですが。。。エースは文句なく最強ですが、出雲を勝つにはちょっと厳しい戦力という感じ。。。

全日本は4年生が4人抜けているだけになかなか戦力を揃えるのが厳しそうなんですよねー。出雲候補としてあげた6人以外に志方、田中あたりが入ってくれればといったところでしょうか?うーん、スカウト枠が少ない早稲田の選手層の薄さは永遠の悩みですねえ。だからこそ、推薦組と一般組、進学組の融合が魅力的でもあるのですが・・・これまた、シードは取れるでしょうが、優勝争いに絡むのは難しいかなあと。。。

最も優勝したいであろう箱根、選手によってはハーフに力を入れ、箱根一本に絞っているとも聞きます。5区山本、大迫2区が基本路線となるかなあ?前回の箱根後に大迫に来年は2区を頼むぞと言っていたとか・・・ハーフとなると、6区候補の相原、三浦もいますし、64分のタイムを持つ臼田も今年は入ってきて欲しいところです。期待のルーキーの一人である平も長い距離に対応できれば入ってきそうかな?ハーフの10人平均持ちタイムは3位なのですが、学生ハーフだけしかタイムを残せていない選手がどこまで本番でもやれるのかは結構未知数で不安な気がします。

世界陸上を経験した大迫が最後の年、大迫だけではないところを見せて欲しいです!


PAGE TOP