2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~帝京大学~

2014年3月8日

箱根で4位と躍進した帝京大学、選手一覧はこのようになっております。戦力が揃った蛯名世代が4年生となる今年、トラックシーズンから躍進が期待されましたが、最も期待外れだった大学の一つとなってしまいました。エースの蛯名は学生ハーフこそ2位でユニバを決めたもののユニバでは惨敗、関東インカレ、全日本予選ともに怪我の影響で欠場するなど散々なシーズンとなってしまいました。28分台の田中は全くと言っていいほどレースに出場せず。。。

 

毎年、面白いように自己ベストを更新していた帝京大学が、今年はほとんど更新されなかったのが気がかりです。チームとして成熟期に入ったということならいいのでしょうが・・・そんな状況でも全日本予選を通過出来たことは評価できると思います。今年は久しぶりの3大駅伝出場となりますし、しっかりとメンバーを揃えてきて欲しいですね。

 

出雲は2008年以来の出場となりますが、どのようなメンバーで組んでくるのかわからないですねー。出雲のシード権は3位以内という厳しい条件の影響もあり、優勝やシードが難しい大学は若手に経験させるためにメンバーを落としてくることが多いですからね。ベストメンバーが組めるのであれば、蛯名、小山、田中、熊崎、早川、高橋裕、千葉、難波、猪狩あたりから6人といったところでしょうか。ベストメンバーでもシードはやはり厳しそうかなあ。。。

 

全日本は失敗し続けている鬼門の1区を何とかしたいところですね。エース格の山川でもダメだっただけに誰ならいいのか・・・監督も頭が痛いところだと思います。卒業したのはその山川だけですが、三田が部員名簿に名前がなく辞めてしまったようで2人抜けることになります。先ほど出雲の候補にあげたメンバーの中から8人が無難なところだと思います。シードを狙うには8区を他大のエース格と争える選手が出てきてくれないと厳しいですね。蛯名は2区を走ることになりそうですし・・・8区を走るとなると2区が不安になりますからね。出雲同様、6枠しかないシードへの道のりは厳しそうです。

 

箱根エントリー16人中14人が残る今年は集大成の年であり、昨年以上の活躍を期待したいところですねー。トラックシーズンを見ている限りは厳しそうですが。。。5区5位の小山、6区3位の千葉がいて、2区を走った蛯名がいるのが大きいですよね。区間二桁となったのも1区の田中だけです。来年度の戦力ダウンが東洋と並んで最も大きい大学なだけに、今年にかける思いは強いでしょうし、スカウトが良くなくても、これだけの結果が残せるんだというのを見せて欲しいです!

 


PAGE TOP