2013年前半振り返り & 駅伝シーズン展望~駒澤大学~

2014年3月8日

昨年度は強力な4年生世代が率いていたにも関わらず、出雲は惨敗、全日本は優勝したものの、箱根では4区のブレーキも響いて3位に終わった駒沢大学・・・今年はメンバーも大きく変わり新たなチームとなるでしょう。選手一覧はこのようになっております。

 

トラックシーズンは可もなく不可もなくといったところでしょうか。最も活躍したのは中村でしょう。学生ハーフ優勝からユニバでも銅メダルを獲得、関東インカレ2部1万m優勝、日本選手権でも入賞するなど高いレベルで安定した走りを見せてくれました。昨年は怪我の影響もあり、箱根しか走れなかっただけに今年にかける思いは大きいと思います。箱根、びわ湖マラソンと連続して苦しい走りになり、怪我を悪化させてしまった窪田は走るたびにタイムをあげてきて、関東インカレ2部1万m2位、日本選手権でも入賞し、ほぼベストな状態に戻ってきたと言えそうです。その安定感は大学トップクラスであり、今年もエース区間での活躍が期待されます。

 

村山も1万mのユニバ選考レースでトップとなり、ユニバにも出場しましたが、まだ安定感では前の二人には及ばないですねえ。ポテンシャルはピカ一だと思い続けているおですが・・・油布は怪我や1500m中心にやってきた影響もあり、なかなか長い距離では結果を残せていないですね。年々長い距離にも対応できるようになってきただけに、今年は全日本だけではなく、箱根でも稼ぐ走りが求められますね。

 

期待のルーキーは西山が自己ベストを出した後に怪我をしてしまい、なかなか出てこれなかったり、中谷、大塚も1万mで29分30秒切りを果たすも記録会以外はやや物足りない結果となるなど、高校時代の実績からすると物足りないシーズンとなってしまいました。全学年を見渡しても、5000m、1万mともに自己ベストを更新した選手もわずかで有力校の他大と比べても残念な結果だったかなあ。

 

出雲は直前のアジア選手権に出場する中村が出場できるかどうかが大きく影響することになりそう。6人しかいない出雲で中村がいるのといないのとでは安心感がまるで違いますからね。他は去年走っている窪田、油布、村山はほぼ確定として、後2,3人が問題ですね。ルーキーから1人は出てきてほしいかな?その他、好調な選手から選ぶということになりそう。監督は優勝を狙うと言っていますが、出雲はもう15年位上優勝していないですし、去年、一昨年の戦力で勝てないことを考えると今年も厳しそうです。。。

 

出雲とは対照的に全日本は駒澤が最も得意とする大会であり、勝率は5割を超えます。2連覇したメンバーから撹上、上野、久我と3人が抜けますが、中村が戻ってくることに加えて、初めて全日本を走る選手も好走することが多く、本当に全日本だけは外さない大学です。主要区間を走る選手は揃っているため、繫ぎ区間で他の優勝候補に大きく離されなければ、十分に3連覇の可能性もあると思います。

 

箱根は前年度が優勝する大きなチャンスでしたが、そのチャンスを逃した今年はさすがに優勝は厳しそうです。優勝出来そうな時にも大八木監督は3位以内を目指すとよく言いますが、今年の3位以内を目指すは額面通りに受け取って良さそうです。ハーフで好走した其田、怪我から復帰した馬場といった2年生がまずは戦力となって欲しいところ。1年生では大塚が5区を走りたいと強気な発言をしています。高校時代から駅伝では外すことがなく、上り区間である3区でも好走するなど上りに自信を持っているようです。しかし、いきなり1年生で23.4kmの5区はリスクが大きそうです。。。

 

全日本以外は優勝争いは厳しいと思いますが、大きくメンバーが入れ替わった駒澤の新戦力がどんな走りを見せてくれるのかが楽しみです。

 


PAGE TOP