2013年全日本予選結果詳細~4位:中央学院大学~

2014年3月8日

続いては、4位で通過した中央学院大学について・・・予選結果はこのようになっております。エントリーはほぼベストメンバーに近い形だったと思います。ちょっと予想よりも悪い走りだった選手もいましたが、去年藤井がいても通過出来なかった予選を今年は総合力できっちりと突破してきたのが今の中央学院の強さかなあと思います。これで2009年度以来の3大駅伝フル出場ということになります。

 

1組に去年最終組でブレーキし、敗退の原因となってしまった田中を持ってきました。やはり万全ではなかったということかなあ?それでも7位としっかりと一桁でまとめてきたのはさすがです。木部の16位はやや順位としては悪いかなあ?タイムはそれほど悪くはないですし、決していい出だしとは言えませんが、まずまずのスタートだったかなあ?

 

2組は今年自己ベストを更新するなど比較的好調だった山田が16位・・・これは正直誤算だったのではないでしょうか?個人的にはトップ争いをしてもおかしくない選手だと思っていたので・・・もう一人は期待のルーキー村上、1万mで大幅に自己ベストを更新するなど、期待していましたが19位・・・うーん、悪くはないですが今の中央学院で2組を任されるのであればもう少し走ってほしかったかな?この時点で予選通過ラインぎりぎりの7位まで落ちるのは想定外でした。

 

3組はこれまた今年自己ベストをどんどん更新していて、力がついてきたなあと思っていた及川が任されたのですが、17位・・・どうも1~3組までもどかしいレースが続いていますねえ。。。持てる力を存分に発揮してくれたなあという選手がいなかったなあ。もう一人の塩谷はなんと31位・・・どうも塩谷はポテンシャルは十分なのですが、いい時と悪い時の差が激しいですねえ。。。潰滝がどんな時でも結果を残すようになってきたのとは対照的かなあ・・・それでも、3組終了時で7位だったのは他の大学にも助けられたかなあ?

 

4組は田中とは反対に去年1組、今年最終組を任された潰滝が11位とまずまずの走りを見せました。もはや最終組でも他大のエースと遜色なく走っております。走るたびに成長していく選手を見ていくのは何か楽しいですね。本当にどこまで伸びていくのか・・・最も楽しみな選手の一人です。もう一人は13分台、28分台のタイムを持ち、もはや潰滝とのダブルエースといってもいい岡本が潰滝を上回る8位でフィニッシュしました。途中まで留学生ついていく積極性も評価できますねー。関東インカレの5000mに続いて大事なレースで結果を残しております。最終組で3つ順位をあげて4位通過となりました。

 

監督のコメントを見る限り、満足の走りをしたのは岡本だけだったようで、なかなか厳しい評価ですねー。まあ、中央学院の監督が褒めることはめったにない気もしますが・・・全日本のオーダーを考えると、中央学院は2区にエースを持ってくるのが基本なので潰滝が2区となりそうかな?8区はあまり重視していない気もしますが、もう一人の岡本が8区を走ってくれると最後まで希望が持てそうな・・・しかし、1,4区はそうすると困りそうかなあ・・・3組を走った二人だとちょっと物足りなそう・・・田中が戻ってきていれば4区あたりを任せれそうかなあ?あとはルーキーの村上が1区なんてのも面白そうかも・・・今回オープンを走った芝山は31分かかってしまい、まだ戻ってはいないようですね・・・芝山がしっかりと走れるようになれば、また層が厚くなりそうなのですが・・・

 

ベストメンバーに近いメンバーで予選会を望んでいるだけに、今回走った選手がそのまま全日本も走る可能性が今のところ高いかなあ?夏合宿で化ける選手が出てきてくれるに越したことはないですが・・・個人的に期待したいのはルーキーの雲類鷲、名前も気になりますが、いきなり自己ベストを大きく更新している選手は1年目から戦力になる印象なので・・・楽しみです。

 


PAGE TOP