2013年全日本予選結果詳細~3位:青山学院大学~

2014年3月8日

続いては、3位で通過した青山学院大学について・・・予選結果はこのようになっております。エントリー段階では主力が外れていたり、本来4組を走るであろう久保田が3組にエントリーされていたりと、やや不安要素があった青山学院ですが、終わってみれば大きくブレーキする選手もなく、上位での予選通過を果たしました。元々力のある選手が揃っていますからねえ。順当な予選突破だと思います。

 

1組は橋本が5位、三野が11位と上々のスタートを切ります。ともに駅伝経験は無いですが、持ちタイムもまずまずですし、今年は3大駅伝に出場して欲しい選手ですねー。ココらへんの選手がしっかりと走ってくれるようになるとまた一段と青学の選手層も厚くなってきます。

 

2組は期待のルーキー一色が見事に組トップの快走でした。初1万mでどこまでやれるのかなあ?と思ってみていましたが、さすがは高校時代から主要大会で結果を残し続けている選手だけあります。ハーフの距離はまだわかりませんが、出雲・全日本はエントリーされる可能性が高そうですね。秋山、内田など他の有力ルーキーがやや怪我などで出遅れているだけに、一色にかかる期待はなお大きくなりそうです。チームの主力である小椋も万全ではなかったようですが、2組で6位としっかりと走ってくれました。箱根では悔しい走りとなってしまいましたが、今年は久保田とともにチームを引っ張っていって欲しい選手ですね。

 

3組は久保田、神野がともに2週間ほど前に怪我をしてしまったようで万全ではなかったようですが、それでも神野が4位、久保田が5位としっかりと結果を残しました。久保田はもちろんこれくらいの力があることはわかっていましたが、神野が本当に今年になってどんどん伸びてきていますね。久保田、小椋、神野の2年生トリオは今後もチームを引っ張っていってくれそうです。4組にやや不安を抱えていただけに、3組終了時点でトップでいられたのは、4組を走る選手にもいい影響を与えたのではないでしょうか。

 

4組は石田が19位、遠藤が24位とやはりやや苦戦を強いられましたが、それでも最低限の走りはしてくれたと思います。特に石田は未だに3大駅伝の経験がない選手ですからねえ。。。遠藤も今年の箱根1区では出遅れてしまいましたし、二人共最上級生として、今年は箱根往路を走ってくれるような選手になることを期待していると監督の言葉もありましたので、下級生に負けずに強さを見せて欲しいです。

 

選手層が厚いうえに、8区にエース持ってきていないだけに、全日本のオーダーが難しそうな青山学院大学・・・エースだった出岐も2区を走っていますし、久保田は2区を走るのではないでしょうか?成長著しい神野が4区とかかなあ?でも、4区は過去2回とも1年生が走っているんですよねえ。一色が走るなんてこともあるかなあ??1区はどうしても出雲のイメージがあり、小椋に走って欲しい気が・・・8区が誰になりそうか正直分からないですねえ。。。過去2回出場の時には3年生が走っているから、復調していれば、箱根8区の高橋とか走ったり・・・?ハーフ換算も含めて64分きりが11人もいるだけに、余計にオーダーを予想するのが難しいですよね。

 

全日本予選に出場していない選手の中にも、1万mで唯一28分台を持つ竹内、5000mで大きく自己ベストを更新した鈴木、駅伝の経験が豊富な福田、出雲で優勝メンバーとなった藤川拓、5000m13分台を持つ川崎、期待のルーキーである秋山などまだまだ選手はいるんですよねー。全日本は無理に実績のある選手を使わなくても、調子のいい選手を選ぶだけの選手層はありそうです。全日本はシード権が6つしかないため、なかなかシード確保は厳しいとは思いますが、予選組では山梨学院についでシードの可能性がある大学だと思っています。箱根シードを持っているため、箱根予選の疲労が無いのも大きいですよね。去年の出雲の覇者が2年ぶりの全日本でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです。

 


PAGE TOP