2013年全日本予選結果詳細~2位:法政大学~

2014年3月8日

続いては、2位で通過した法政大学について・・・予選結果はこのようになっております。法政大学は予選通過はするだろうとおもっていましたが、まさか2位通過とは・・・チームと言うのはここまで短期間で変われるものなんですね・・・箱根予選さえ通過出来なかったのに、箱根シード、全日本予選上位通過で3大駅伝フル出場を果たすことになるとは。。。

 

1組にはチームのエース格である田子と箱根4区で好走した黒川を当日変更で持ってくるというちょっとびっくりなオーダーとなりました。田子が6位、黒山が8位ときっちりと1桁で走りました。過去の実績からするとやや物足りないのかもしれませんが、1組ということは万全ではなかったのかも。。。チームとしてはいいスタートが切れましたが、3組にやや不安が残る当日変更でもありましたねー。

 

2組は森永、高梨といういわゆるチームとしての中堅どころの選手が走りましたが、それぞれ7位、12位と堅実な走りをしてくれました。特に森永は自己ベストですからねー。とても条件がいいとはいえない全日本予選で自己ベストを出せるというのはもっと力のある証拠ですよねー。選手層の薄さも徐々に解消されてきているように思えます。2組はやや不安だったのですが、何も心配はなかったですねー。

 

2組までの選手が堅実に走ったことで俄然突破が現実味を帯びてきた法政、3組の田井はさすがの走りで3位で走りきります。本当に強くなりましたねー。上武の山岸同様、学生ハーフの時から一皮むけた感じかなあ?1万mでも28分台を出し、完全にチームの主力となっています。1年生ながら3組を走ることになった足羽はさすがに荷が重かったのか27位と苦しい走りになってしまいますが、それでも30分14秒とダメージは最低限に抑えました。法政の1年生は即戦力はいなそうかなあと思っていましたが、オープンを走った坂田と合わせて二人ともいきなり戦力になってくるかも・・・

 

最終組は満を持して西池、関口の強力コンビが登場しました。西池は終始前のほうでレースを進め、見事に日本人トップである2位、最後は投げキッスまでしていたようで西池らしいですねえ。。。走りにもパフォーマンスにも注目ですね(笑)関口も7位と最終組で二人とも1ケタとは・・・本当に以前の法政からは考えられないですよね。1,2組で善戦したとしても、4組で上位争いなんて考えられなかったのですが・・・特に関口は走るたびに評価をあげていますねえ。。。

 

全日本予選のオーダーは、やはり、田子、田井、関口、西池が1,2,4,8区を担う形になりそうかなあ?どの大学もワンパターンな予想になりそうで申し訳ないですが、やはり、この4区間にどれだけ戦力をおけるかがシード権を根あるには大事になってくるので・・・西池1区が見るほうとしては面白そうですけどねー。ハーフに強い関口が8区とかかなあ?田井が2区、田子が4区とかが一番ありえそうだけどどうでしょう?

 

つなぎ区間候補としては、今回全日本予選を走った選手以外にはも、箱根9区を走った松田、箱根予選でまずまずの走りをした佐野あたりがいますが、やはり総合力という点では全日本のシード権はさすがにきびしそうかなあ???しかし、箱根では18~20位を予想していた私なだけに、全然自信はないです・・・箱根と同様に、全日本でサプライズを起こしてくれたら面白そうですが・・・

 


PAGE TOP