2013年全日本予選結果詳細~1位:山梨学院大学~

2014年3月8日

やや今更感はありますが、全日本予選の結果を各大学ごとに振り返っていきたいと思います。まずは山梨学院について…予選結果はこのようになっております。そういえば、予選成績の検索画面に全日本予選の結果も追加したことを紹介するのを忘れておりました・・・過去の全日本予選結果を追加する予定は今のところありませんが、今後は箱根予選同様、毎年データを追加していきますので、良かったら覗きに来てみてください。

 

それはさておき、予選をトップで通過したのは山梨学院大学でした。1組は阿部、上村が走りましたが阿部が1位、上村が3位というこれ以上ない出だしですからねー。もうこの時点で通過はほぼ間違いないかなあと思えました。特にルーキーの上村が初の1万mで3位というのが素晴らしかったですね。29分1ケタを出している佐藤に水をあけられてしまったのかと心配していましたが、さすがは高校時代5000mで14分7秒を持っているだけのことはあります。大学でも高校時代のベストとほぼ同タイムを出していますし、駅伝シーズンでも出番が回ってきそうですね。しいていえば、田代が当日変更になってしまったのはちょっと気になったかなあ・・・とはいえ、持ちタイムもいいですし、オープンでも組1位できっちりと走っていますから、それだけチームの層が厚くなったということかなあ?3大駅伝にはしっかりと出場してきて欲しい選手です。

 

唯一不安視していた2組ですが、3000m障害で結果を残している兼子が8位と1ケタでまとめたのが大きかったですね。前田拓も21位で何とかまとめました。この前田以外の7人は全員トップ10以内という安定した強さをみせつけました。箱根では惜しくもシードを逃してしまいましたが、以後は順調にエース力、選手層ともにアップしていますねえ。3組は森井が9位、ルーキーの佐藤が10位とこれまたしっかりと走りました。森井は留年してまで箱根を目指すということで、いろんな意見があるかもしれませんが、是非とも箱根の悔しさを箱根で返して欲しいですね!佐藤もルーキーながら、持ちタイムに違わない強さを見せてくれました。3大駅伝でもいきなり主要区間を任されるかもしれません。

 

最終組はオムワンバが1位、井上が3位と1組と同様の好タイムでした。オムワンバの1位は予想どおりでしたが、2位に50秒近い差をつけるとは・・・圧巻の走りでした。ここまで成長してくると、モグスの記録にどこまで近づけるのかというのも楽しみになってきますねー。井上も本当に高レベルで力を見せています。実力者のそろった4組で3位ですからねー。今年は13分台、28分台も出し、日本人エースとしてどこまで他大のエースと渡り合えるのか楽しみです。

 

全日本のオーダーとしては、故障者もいましたが、現時点の戦力で考えると、3,4組を走った選手が1,2,4,8区を担うのが妥当でしょうねえ。8区はやはりオムワンバに走ってほしいなあ。それが一番タイムを縮められそうですし、大逆転も見てみたいし。。。そうすると、2区を走るのは井上しかいないかなあ?1,4区は森井はスターターというタイプではないと思うので4区、佐藤が1区を得意かはわかりませんが、佐藤が1区となりそうかなあ?主要区間をしっかりと走れれば、他にも1,2組を走った選手、オープンを走った田代、松山がいて怪我から復活すれば小櫃、福沢といった選手もいますからねえ。予選会からシードを取る可能性が一番高いのはやはり山梨学院ですよねー。シード権を争うことになるかもしれない日大に対しても、8区を心配することが無いのも大きいですね。

 


PAGE TOP