2013年ユニバーシアード結果雑感

2014年3月8日

先日、ユニバーシアードの大会が行われました。前回大会では1万mで大迫が見事金メダルを獲得した大会ですねー。1万mでは、駒澤の村山、日体大の服部が出場しました。

 

服部 6位:29:28.53

村山 10位:30:02:46

 

結果だけ見ると、ちょっと残念だったかなー。服部は途中で先頭に出るなど積極的な走りを見せていたようですが、ここ最近見せている強さからするとやや物足りない気も・・・村山はやは大きな大会での安定感がずっと課題かなあ。タイムは5000m~ハーフまで申し分ないんですけどねー。後は1万mで世界陸上に出場する大迫でトラックはほぼ終わりですねえ。。。秋はいよいよ駅伝シーズン、非常に楽しみです。今シーズン、各選手がどれだけタイムを伸ばしたかというのもまた分析してみたいと思います。

 

ハーフは駒澤の中村、上武の山岸、日体大の服部、帝京の蛯名、東洋の設楽悠太が出場し、結果は以下のとおりです。それにしても、服部は1万mとハーフの両方に出場したんですねー。数日しか間が空いていないはずなのに、タフですねー。。。

 

中村 3位:64:21

山岸 4位:64:41

服部 5位:65:00

蛯名 8位65:39

設楽 20位:68:25

 

中村が途中まで先頭集団でレースを進めていたようですが、最後は南アフリカの2選手に離されてしまい、後続にも詰められましたが3位でフィニッシュしました。今年の箱根以降、本当に安定してレースを進めていますねー。このまま怪我無くいけば、3大駅伝でも大活躍してくれそうです。しかし、日程の都合上から出雲駅伝には出られないかも?なんて話もありますがどうなるのか・・・個人的には是非とも3大駅伝にフル出場してほしいですけどね。

 

山岸も中村と20秒差できっちりと4位に入ってきました。今年の学生ハーフで好成績を残して以降、これまた高いレベルで好タイムを出し続けています。持ちタイムも5000m13分台、1万mで28分台まで伸ばしてきましたしねー。佐藤、倉田ら強力な3年生の陰に隠れていた世代でしたが、今は山岸がエースと言っていいでしょう。全日本出場は逃してしまいましたが、箱根予選はきっちりと突破して、箱根本戦で好走がみたいです。

 

服部が5位で3~5位を日本人が占めました。1万mに続いての入賞は素晴らしいです。むしろ、こんなに走って大丈夫なのかとも思いますが・・・戦力が充実する今年、3大駅伝制覇を狙うチームのエースとして、怪我無く走ってほしいです。蛯名は全日本予選を回避して心配しましたが、8位とまずまずの結果でしたねー。やはり、全日本予選も走れないほどの怪我ではなかったんですねー。エースなしでも予選を突破した帝京は見事でした。蛯名がいればエース区間はひとまず安心ですし、ちょっとチーム状態は悪いように思えますが、夏合宿でしっかりとチームを鍛えなおして、駅伝シーズンでは上位で賑わして欲しいものです。

 

唯一心配な結果だったのは設楽悠太、万全ではなかったのかもしれませんが、68分台で20位というのは・・・ちょっと心配な結果ですねー。日本選手権でもあまり良くなかったですし・・・今年、3冠を狙うためにも、3大駅伝すべてで主要区間を走ってもらわないと困る選手ですからねー。百戦錬磨の悠太のことですから、心配はいらないと思いますが・・・

 


PAGE TOP