ホクレンDC北見結果雑感(2013/07)

2014年3月8日

ホクレンDCの最後を飾る北見での記録会が7月6日に行われました。結果はこのようになっております。いつもどおり、自己ベストを更新した選手を中心に取り上げて行きたいと思います。1万mでは東洋の服部勇馬が28分22秒と素晴らしいタイムを出しました。日本人大学生で9位かな?山中のタイムを再び抜いて、世代でもトップとなっております。連続して自己ベストを更新しており、去年から主力として働いていましたが、今年は去年以上の活躍が期待されますね。設楽兄弟の後、エースとなるのは勇馬かな?

 

早稲田の柳が29分2秒と自己ベストを9秒更新し、28分台目前まできました。怪我から復帰後、5000mに続いての1万mベスト更新で、完全復活ですね。しいていえば、5000mもわずかに13分台に届かず・・・何かもどかしい感じがしてしまいますねえ。13分台、28分台ランナーと呼びたいのに・・・力のあることには変わりはないですし、経験を積んだ今年、飛躍の年としてほしいですね。

 

期待していたルーキーの二人、早稲田の武田と東洋の服部弾馬はそれぞれ29分56秒、30分8秒と洗礼を浴びる結果に・・・弾馬は初の1万mということでどこまでやれるか楽しみにしていたんですけどねー。とはいえ、二人ともまだ1年ですし、これからチームを引っ張る存在になっていくであろう選手だけに、駅伝シーズンでの活躍に期待したいところです。

 

5000mでは自己ベストが多数多数でました。学生トップは東海の中川、13分52秒は素晴らしいタイムではないでしょうか?ここ最近はだいぶ高レベルで安定してきましたよねー。元村がやや不安定な走りが続いているだけに、中川には箱根予選会でエースとしてしっかりと稼ぐ役割が期待されそうです。上武の佐藤、山梨学院の井上がともに13分56秒の自己ベストで13分台に突入してきました。二人共28分台も今年出しており、着々とタイムを縮めていますね。これからますます楽しみです。

 

惜しくも13分台には届きませんでしたが、上武の倉田、東海の廣田がそれぞれ14分ジャスト、14分5秒で自己ベストをわずかに更新しております。倉田は怪我をしていたという話ですが、自己ベストを出すまでになり、完全復活ですね。佐藤とともに箱根予選会でまずは活躍して欲しいです。廣田は本当に安定していますね。ルーキーながらお見事です。ハーフの距離にも早く対応して、箱根予選会での好走を見たいですね。もう一人安定していたルーキーの石橋は14分37秒とちょっと残念な結果に・・・石橋の失敗レースというのは久しぶりに見たような。。。さすがに疲れが溜まっているのかな?廣田同様、一年目から活躍が期待される選手ですし、夏合宿をしっかりとこなして、秋以降また安定した力強い走りを見せて欲しいです。

 


PAGE TOP