2013年全日本シード校 昨年との戦力比較 ~日本大学~

2014年3月8日

続いては前年度6位、日本大学について・・・前年度成績はこのようになっております。6区まで全員が9位か10位というある意味すごい安定感・・・しかし、関東の大学が12校しか参加していないということを考えると、上中下と3分割したうちの「下」でしかどの区間も走れていないということになりますからねえ。。。本来であればチームの主力である田村、佐藤、荻野、林と各学年の日本人トップを1~4区まで並べたものの、残念な結果に。。。7区は竹之内が何とか7位で凌ぐと最終区はエースのベンジャミンが56分台の快走、シードまで3分差をあっという間にひっくり返したのシード権獲得でした。2区を走った佐藤、6区を走った寺田、8区を走ったベンジャミンの3人が卒業しました。

 

まず、ベンジャミンの穴を埋めるのはキトニーということになるでしょう。関東インカレでも優勝は無いものの安定した力を見せつけ、5000mでも当然のように13分30秒台を出してきますからねー。まだ20kmの実績は無いですが、特に問題はないでしょう。いきなり56分台は難しくても8区で十分エースの働きをしてくれそうです。

 

4年生では、新戦力の前に現戦力が不安です。田村が故障からなかなか回復してこず、まず全日本に走れるのかどうか・・・1年からチームを引っ張ってきた存在なだけに、最終学年でもその勇姿を見たいです。他に全日本を走った選手はいませんが、箱根6区を走った日向野がメンバー争いに絡んできそうかな?キャプテンの森谷も戻ってきて欲しいけど、厳しいかなあ・・・?

 

3年生では、林、高松、竹之内と去年3人走っており、チームの鍵を担う学年ですね。他には、持ちタイムで見ても経験で見ても小島には出てきてほしいですよねえ。1年の全日本以降、3大駅伝の出場がありませんからね。。。なかなかハーフの距離には対応出来ていないようですが、全日本ならば・・・元々この学年の持ちタイムNo.1だっただけに、林、竹之内らに負けずに主力となってほしいですね。他にも、箱根予選に2年連続で走っている村越直もいます。

 

2年生は、正直深刻です。キトニー、荻野はチームの主力ですが、続く選手が全くといっていいほど出て来ません。1万mの持ちタイムというのは、その選手の力を測る大きな基準となるかと思いますが、30分30秒以内の持ちタイムを持つ選手が先に上げた二人以外いないんですよねー。選手層が薄い日大だけに、2年生からもそろそろ出てきて欲しいですね。

 

1年生は持ちタイム世代No.1の石川が走ることになりそうかなあ?1万mでも29分20秒台を持っていますし、ハーフはわかりませんが、全日本までの距離ならば問題は無さそうです。関東インカレでは結果を残すことはできませんでしたが、期待のルーキーが駅伝でどんな走りを見せてくれるのか、今から楽しみです。他の1年生はこれからといったところかなあ。5000mで14分20~30秒台の選手が多いですがどこまで伸ばせるかなあ?

 

正直、このままでは去年のベンジャミンの走りをキトニーがしてもシードは厳しいのかなあ?という気がしています。他のベスト5に入った大学は今年も強力ですし、8区にオムワンバが来るであろう山梨学院では、7区まででも山梨優位に思えますしねえ。。。他にも帝京、中央学院、青山学院などもシード権を虎視眈々と狙っているでしょうし、日本人のレベルアップによって今年もシードを守ってほしいと思います。

 


PAGE TOP