2013年全日本シード校 昨年との戦力比較 ~日本体育大学~

2014年3月8日

続いては前年度4位、日本体育大学について・・・前年度成績はこのようになっております。去年は箱根予選後にも関わらず、見事にシード権を獲得しました。特に4区服部の区間賞、5区山中の区間2位、8区矢野の区間3位はいずれも予想以上の好走で、この勢いがそのまま箱根駅伝制覇へと繋がって行きました。最後はもう少しで早稲田に追いつくか?というところまできました。

 

卒業生は3区福士、7区高柳の二人ですが、いずれも主要区間を走っておらず、卒業の影響はそれほど大きく無いと思っています。去年から最も成長したのは2年の山中でしょう。1万mは28分20秒台までタイムを伸ばし、5000mも13分台と走るたびに自己ベストを更新しています。3本柱ではなく、4本柱といっていいだけのタイムを出して来ました。この4人で1,2,4,8区の主要区間を埋めることができるのは非常に強力です。最近復調してきており、全日本、箱根と1区を好走した勝亦もいますので、彼が1区を走り、4本柱の1人を6区に回すというのも考えられますね。そうすれば、ますます隙は無くなりそうです。

 

しかし、主力選手は何も問題無いですが、新戦力という面ではいささか不安が残ります。5000m、1万mのいずれも新たにトップ10に入ってくる選手がいないんですよねー。つまり、戦力が固定化されていることになります。そうすると、レギュラーは危機感を持てなくなりますし、補欠選手のモチベーションも低下しやすくなりますからねえ。。。去年の全日本予選以降、どんどん成長を続けている日体大の最大の不安要素が新戦力が出てこないことによる選手層の薄さかなあと思っています。

 

4年生では、箱根6区で好走し、1万mも29分1秒まで伸ばした鈴木がまずメンバーに入ってくるでしょう。つなぎ区間であれば上位で走ってくれると思います。去年6区を走った甲斐もいますので、これで8区中7枠が埋まることになりますね。去年の戦力ダウンが少ないのは大きいです。3年生では、やはり箱根4区を5位と好走した木村がメンバー入りの有力候補となってくるでしょう。順当にいけば今までに名前のあがった8人が全日本メンバーの基本となることでしょう。箱根王者として臨む全日本ではどんな走りを見せてくれるのかなあ?優勝候補の一角に名前を連ねることになりそうです。

 

他の3年生は実績はありませんが、持ちタイムですと加藤が1万m29分24秒を持っていますねー。来年のことを考えると、3年生も木村以外に出てきて欲しいところです。2年生では、29分21秒を持つ奥野、29分35秒を持つ小泉といったところが、山中、勝亦につぐ戦力候補となります。レギュラーを固定化しないためにも、メンバー争いに絡んでてきて欲しいところです。

 


PAGE TOP