2013年全日本予選分析 ~青山学院大学~

2014年3月8日

最後は青山学院大学についてです。3大駅伝に戻ってきて以降、順調にチーム力をアップさせてきた青学にとって、去年14位で予選敗退という惨敗は、初めてと言ってもいい大きな挫折でしたね。その後、出雲では初の3大駅伝制覇と浮き沈みの激しいシーズンでした・・・出岐、大谷ら主力が卒業しましたが、エースの久保田をはじめ、着々と自己ベストを更新する選手が出てきており、ルーキーも粒ぞろいです。

 

そんな青山学院大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムは13位と通過圏内からは遥かに遠いですが、エースの久保田、期待のルーキーである一色が1万mでタイムを持っていないですからね。更に石田は30分24秒、山村は30分55秒の持ちタイムですが、5000mではそれぞれ14分10秒、14分13秒の持ちタイムを持っており、実力通りの持ちタイムではありません。

 

4組は石田、遠藤の4年生コンビできました。正直、想定外ですねー。遠藤は箱根1区では18位と苦戦してしまいましたが、1万mで29分2秒、5000mで14分6秒とともに今季自己ベストを大きく更新しており、最終学年の今年、さらに成長してきているようです。どこまで戦えるか楽しみですねー。石田は先程話したとおり、持ちタイムは悪いですし、3大駅伝の出場経験もない・・・データ上は不安がいっぱいなのですが、このまま起用してくるのか???補欠の小椋、橋本と当日変更も無くはないのかな・・・?

 

3組に当然最終組だと予想していた久保田が入って来ました。東海の村澤が1年時に3組となったように戦略なのか、それとも万全ではないのか・・・チームの絶対的なエースとしての活躍が期待される選手だけに初の1万mでどんな走りを見せてくれるのか今から楽しみですねー。もう一人の神野は29分1秒とエントリー選手中チームトップのタイムを持ちます。まだ3大駅伝の出場経験はありませんが、今年一気に力をつけてきましたねー。大きな舞台でも力が発揮出来るのか、期待したいです。

 

2組は高橋、一色をもってきました。高橋は今年の箱根駅伝で8区区間賞だった選手ですし、やはり1万m29分48秒の選手では無いでしょう。それ以上の力がありそうです。一色は都大路で4区を走って区間賞、豊川高校の初出場初優勝に大きく貢献した選手です。まだ、大学に入ってからそこまで活躍は出来ていませんが、これまた初の1万mでどこまで戦えるかな?

 

1組は去年も同じ1組を走り4位と好走した三野、先日5000mで自己ベストを更新した山村が入りました。1組では他大を見ても力のある選手ですし、まずはここでしっかりと上位につけておきたいところですねー。今は補欠となっている小椋、橋本も力のある選手です。小椋は1万mでチーム3位の持ちタイムですし、橋本も去年から監督が高く評価していますからねー。二人共どの組に当日変更でエントリーされてもおかしくないのでは?

 

28分台の竹内を始め、複数人主力がエントリーされていないにも関わらず、これだけのメンバーが組める青山学院、層が厚くなってきましたねー。去年はまさかの予選突破ならずでしたが、今年は特に問題は無いと思いますけどねー。ただ、しつこいですがデータ通りにいかないのが長距離の難しさであり面白さでもありますからねー。そして、そのことは選手たちが一番よくわかっているでしょうし、今年はしっかりと予選会に合わせて確実に突破して欲しいです。

 


PAGE TOP