2013年全日本予選分析 ~神奈川大学~

2014年3月8日

続いては神奈川大学についてです。去年の予選突破は何度も書いていますが、監督もびっくりの4位での予選突破でした。5位で突破の東海とともにサプライズな予選突破でしたねー。今年も純粋に持ちタイムでは予選突破は厳しそうですが持ちタイム通りにならないのことは去年嫌というほど味わってますからねー。。。再現なるかなあ??そんな神奈川大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムでは12位と圏外ですが・・・去年も同じような状況でしたからねー。4組の信頼度は去年以上かな?どんな順位で4組につなげるかですね。。。

 

4組は我那覇、西山の強力2年生コンビです。我那覇は去年4組で1年生ながら18位と健闘、その後箱根7区区間賞、持ちタイムも28分台に載せてきて去年以上の成績が期待されます。一方の西山も去年は3組で15位、その後全日本、箱根と主要区間を担い、箱根2区でも11位と好走しました。神奈川大は箱根2区でいつも遅れていましたからね。勝負強さを感じる選手です。最終組でも好走してくれることでしょう。

 

3組は赤松、柿原で来るかと思っていましたが、赤松と永信でしたねー。赤松は持ちタイムは29分50秒台ながら箱根予選会では2年連続で好走していますし、箱根でも4区10位としっかりと走っている選手で持ちタイム以上の力はありますねー。去年の全日本予選も1組2位とチームに勢いをつけました。3組であってもしっかりと走ってくれると思います。一方の永信は西山、我那覇らと同学年で5000mでは持ちタイムNo.1で入学してきました。ちょっと二人と比べると活躍は出来ていませんが、3組を任されるほど力がついたということでしょうか?是非とも当日変更なく、好走してほしいものです。

 

2組に柿原をもってきました。我那覇とともに28分台を持つチームの主力の一人ですが、2組に入っている時点であまり万全じゃないのかな?という感じがしてしまいますねー。去年は最終組で19位となかなかの走りをしていただけに、柿原の出来がチームの命運を握りそうかなあ?もう一人は唯一4年生でエントリーされた坂本を入れて来ました。3大駅伝での出場はありませんが、どうしてもチームの主力である2,3年生に注目が集まってしまいますが、4年生の頑張りにも期待したいです。

 

1組は南、柏部です。この二人はともに去年のオープンで走り、それぞれまずまずの走りをしているんですよねー。もちろん、オープンとはプレッシャーが段違いでしょうが、去年1組でチームが乗っていけたように、今年もその役割を担って欲しいです。ただ、箱根ではそれぞれ苦しい思いをしているんですよねー。南は箱根予選会でチーム上位10人に入れず、本戦も走れませんでした。柏部は二人が棄権した地獄の箱根5区でダントツ最下位の18位・・・棄権しないのが精一杯の状況でした。。。今年はともにチームに貢献して欲しいです。

 


PAGE TOP