2013年全日本予選分析 ~国士舘大学~

2014年3月8日

続いては国士舘大学についてです。3大駅伝は伊藤、藤本のダブルエースがいた2年前以降出場出来ておりません。今年は増枠のおかげで出場出来るとは思いますが、それっきりとならないためにも戦力アップを図って行きたいところですね。そんな国士舘大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムでは14位と通過圏内は遥かに遠く・・・予選突破は極めて難しい状況なだけに、経験を積む場となってしまうかなあ?箱根予選の突破が最重要命題でしょうからねえ~。

 

4組にエース格の中山と菊地をもってきました。ここは順当ですよねー。浪岡がエントリーされていない以上、この二人しかいないですねー。28分台がずらりとそろった最終組でどこまで戦えるか?期待したいと思います。箱根予選でも稼ぐ役割になってくれないと困る二人ですからねー。

 

3組は今国士舘で一番勢いを感じる武藤がエントリーされてきました。自己ベストを更新する選手が少ない国士舘にあって5000mでベストを更新、関東インカレにも出場しています。1500mが得意な選手という印象ですが、1万mでどこまで戦えるかなあ???もう一人の堀合も1万mの持ちタイムでは武藤を上回っております。2年生はなかなかに粒ぞろいなだけに、チームの主力となってほしい二人です。

 

2組は工藤、櫻井と29分50秒台の選手を並べてきました。一応、上位7人は30分切りを果たしているんですよねー。今の国士舘には1万mの持ちタイムよりもハーフをしっかり走れる選手がどんどん出てきて欲しいですが・・・1組には1年で唯一エントリーされた餅崎が入りましたがこのまま走るのか補欠と変わるのか・・・?1万m30分30秒台の選手ですが、先日の5000mで自己ベストを更新するなど、楽しみな選手ではあります。もう一人の池上は29分40秒台、5000mでも14分10秒台とまずまずのタイムを持っていますが、もう少し後の組でもいいような・・・あんまり調子が良くないのかな?厳しい戦いにはなると思いますが、少しでもチームとして浮上のきっかけを掴みたいところですねー。。。

 


PAGE TOP