2013年全日本予選分析 ~順天堂大学~

2014年3月8日

続いては順天堂大学についてです。去年は通過が有力視され、トップ通過も期待されていながらも、なかなかベストメンバーかつ本調子のメンバーを組むことも出来ず、全体的にチグハグな印象で予選落ちしてしまいました。そんな順天堂大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムでは7位とギリギリ通過圏内に入ってきています。あれだけ主力の4年生が抜けた割には頑張っていますねー。

 

3,4組は組み分けはともかく、エントリーされた4人は予想通りでした。4組に松村優、松枝、3組に小澤、西郷です。松村優は1年時程の勢いはないですが、撃沈することもなく安定して走っているかなあ。最終組でも無難に走ってくれると思います。もう一方の松枝は今年一番成長した選手ですねー。5000m、1万mともに自己ベストを更新し、関東インカレ1500mではオムワンバにつぐ2位に入りました。その後の5000mでは撃沈してしまい、少し心配ではありますが、他大のエースに負けずに食らいついって言って欲しいですね。

 

3組の小澤も安定感はありますよねー。3組ならば組上位できっちりと走って稼いでいって欲しいところですね。4年生の層が薄いだけに小澤には頑張ってもらわなければ・・・もう一人の西郷も2年時にブレイクして、チームの主力となってきました。この3組が最も稼ぎどころになりそうかなあ?というか予選を突破するには稼いでもらわないと困る感じですね。

 

その一方で最も不安な組なのが2組かなあ・・・松村和はなかなか優樹と違って結果を残せていないのが・・・心配です。ハーフ3分台の持ちタイムはあるのですが、安定感が今ひとつなんですよねー。もう一人の稲田も1年時から期待されながら、撃沈することがちらほら・・・二人共不安定な印象があります。全日本予選は一人でもブレーキがあると通過有力チームでも即予選敗退につながってしまうだけに、2組でどれだけ粘れるでしょうか?

 

1組は怪我から復帰した的野がエントリーされましたが、どこまで戻しているでしょうか?復帰後2度記録会に出ていますが、15分を切るくらいでしたからねえ。もちろん、まだ記録を狙うような感じではないでしょうが、1万mでどこまで走れるのか、それとも5組のメンバーと当日変更になるのか・・・小野は4年生ながらなかなか駅伝を走る機会が無いですが、最終学年に戦力となることが出来るでしょうか?4年生の意地に期待したいです。全体的に見ると予選突破は微妙かなあ・・・久しぶりに全日本で走る順天堂も見てみたいですけどねえ。。。

 


PAGE TOP