2013年全日本予選分析 ~上武大学~

2014年3月8日

続いては上武大学についてです。一昨年はまさかの予選突破、まさかのシード権獲得となり、去年は7位と惜しくもシードを逃すなど、ここ最近は全日本と相性がいいようです。そんな上武大学のエントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。うーん、単純に10000mの持ちタイムだけを見ると、突破は難しいのでは?と思ってしまいますよねー。

 

1万mの平均持ちタイムは17大学中16位とブービーですからね。。。稼ぐ役割を期待されるのは、28分台を持つ山岸、佐藤でしょう。山岸は補欠でエントリーされていますが、当日変更で3組が濃厚かな?ここ最近の活躍を見れば、3組であればトップ5には最低入っておきたいところですね。佐藤もようやく不調から脱してきたようで、先日は1万mで28分台に突入しましたし、最終組でもきっちりと走ることができる選手だと思います。むしろ不安なのはその相方である倉田かなあ・・・力があるのは重々承知しておりますが、いかんせん故障明けなだけにどこまで戻っているのか、いきなり最終組で大丈夫なのか不安が残ります。

 

3組にエントリーされた3年生主将の佐々木は3組でもやや厳しいのではないかと思います。今年の箱根でも1区を走って20位と最下位でしたしねえ・・・主将としてチームを引っ張る走りを期待したい所ではありますが・・・2組の大にし、1組の松元はともに全日本・箱根経験者であり、この組では上位に入っておきたいところですね。それぞれの相方である岡添、中根がともに駅伝での実績はなく持ちタイムも30分30秒前後と不安要素が多いですからね。稼ぐべき人がしっかりと走り、持ちタイムが劣る選手は出来る限り粘るというレースが理想でしょうか

 

チーム6番手で持ちタイムが30分台とデータ上は苦しいですが、そんなデータをはねのけてきたのが全日本の上武だと思っております。今年もいい意味でのサプライズに期待したいところですねー。佐藤、倉田といった主力が万全で当日を迎えられるようであれば、可能性はあるかなあと思っております。逆に箱根の1区当日変更で倉田が外れてしまったように、4区倉田→山岸なんて変更になるようであれば突破は絶望的かなと思いますが。。。

 


PAGE TOP