2013年全日本予選分析 ~専修大学~

2014年3月8日

続いては、最近は箱根予選会の突破もままならず、厳しい戦いを強いられている専修大学について・・・エントリー上位8人の平均持ちタイムエントリー選手持ちタイムはこのようになっております。平均持ちタイムは8位とギリギリ通過圏内には届かない位置にいることになります。しかし、元々あまりトラックが得意な印象がない専修なだけに、予選突破は厳しいのではないかと思っています。最後に出たのは2009年度のことですからねー。。。箱根予選も2年連続で通過できておらず、そろそろ立て直さないとこのままズルズルと下がっていってしまいそうです。

 

全日本のエントリーを見ると、まずまず順調かなという印象を受けました。チームの1万mトップ10でいえば、4位の上野、6位の宮坂、8位の森と3人もエントリー漏れしてはいますが、正直、上野・宮坂の箱根経験者はここ最近のレースを見ても出て来なかったり、出てきてもなかなか結果を残せずにいますからねえ。。。現状でのベストメンバーは組めていると思います。組分けを見ても、澤野、松尾というトップ3のうち2人が4組、斎藤も3組にきっちりとエントリーされていますしね。斎藤は去年も3組で8位と好走しているだけに今年も稼ぐ役割を期待したいところです。澤野も去年3組で自己ベストを更新しておりますし、今年はエース揃いの4組でも粘っていってほしいです。

 

去年は1,2組で出遅れて終戦だっただけに、もう少し前半から粘りたいところですねー。持ちタイムでは1組の小原、2組の吉良はトップ10にも入っているだけに、持ちタイム通りの走りが出来ればといったところですね。去年は11位でしたが、もう少しアップは狙えそうかなあ?とはいえ、なかなか7位以内というのは険しい道のように思えます。

 


PAGE TOP