2013年全日本予選分析 ~大東文化大学~

2014年3月8日

続いては、昨年は惜しくも次点で出場を逃したものの、今シーズンは関東インカレでの大量得点、自己ベストを更新する選手も多く去年以上に勢いを感じる大東文化大学です。エントリー上位8人の平均持ちタイム選手持ちタイムはこのようになっております。予選会での平均持ちタイムは6位と通過圏内に入っております。今年は十分に予選突破のチャンスがありそうです。

 

まず、最終組で自信をもって戦えるのが大きいですね。関東インカレで5000mで6位、1万mで3位の市田孝、3000m障害で3位、ハーフで優勝の市田宏、この双子兄弟は強力です、また1万mは19位ながらもハーフで3位の片川が3組におり、2部とはいえ、いずれも関東インカレで表彰台を経験している選手です。去年は最終組の市田兄弟の好走は想定外でしたが、4組で宏が3位、孝が10位だった去年の成績を超えることもありえそうですねー。そのくらい今の市田兄弟には強さを感じます。

 

3組のもう一人は今年5000m、1万mともに大きく自己ベストを更新した大崎でした。。?1万mの持ちタイムもチーム4位ですしね。3組でもしっかりと走ってくれる選手だと思います。しかし、関東インカレに出ていなかったのが気がかり・・・怪我とかでなければいいのですが!ここまでは問題がなさそうな大東大なだけに、1,2組をどう走るかが重要になってきます。

 

5000mでインカレに出場した池田がが2組に入って来ました。もう一人の大隅はちょっと実績が無いだけに不安な面もあるかなあ・・・8人の中では唯一30分切りをしていませんしねー。去年1組を走り21位だった大西が再び1組に、去年以上の成績を狙いたいところです。もう一人は条件の悪かった記録会で1年ながら29分台を出して勢いに乗っている北村。1,2組はやや苦しそうですが、何とか粘って圏内でレースを進めたいところですね。今年はチャンスだと思いますので、久しぶりの全日本出場を決めてほしいです。

 


PAGE TOP