2013年全日本予選エントリー雑感 ~後半~

2014年3月22日

拓殖大学・・・ダンカンと組むのは栩山でしたか・・・ダンカンは稼ぐでしょうが二人だと平均的な結果に終わりそうな・・・3組もチームの主力である佐護と金森ですが、やはり3組も厳しそうかな?例年全日本予選では結果を残せていませんが、ベストメンバーに近い形になってきているようなので、少しは維持を見せたいところです。

 

國學院大學・・・寺田はもちろん最終組、柿沼、大下、沖守のチームの1万mトップ4がそのまま3,4組に入っております。なかなか3年以降は1,2年ほど目立った活躍ができていませんが、寺田には最終組で稼いで欲しいですね。ほぼベストメンバーが組めており、どこまで争いに加わっていけるか?

 

神奈川大学・・・西山、我那覇の最終組は他大にも大きく劣ることはないでしょう。3組の赤松、2組の柿原も問題無さそうです。そうすると鍵は3組の永信か永信に変わって入るかもしれない選手かな?ここで遅れてしまうようだと厳しいですからね。去年はまさかの全日本出場でしたが、それを再現できるか??

 

青山学院大学・・・なんと、平均持ちタイムが13位まで急降下しております。1万mでチームトップの竹内を始め、5位の福田、8位の川崎、9位の藤川拓がエントリーされておりません。特に竹内、川崎あたりは自己ベストを更新して、期待していたのですが怪我でしょうか・・・?久保田も何故か3組・・・4組の石田も何故???小椋も補欠ですが当日変更があるか?2年ぶりの予選突破に向けてちょっと不安要素が多すぎますね。。。

 

国士舘大学・・4組の菊池、中山はダブルエースだと思いますが、それでも他大のエースと渡り合える力は無いかなあ・・・3組の武藤は成長株の選手で楽しみです。持ちタイムトップの浪岡はエントリーされず・・・ここ最近の成績を見るとしょうがないのかなあ?それとも怪我か・・・やはり突破は厳しそうです。

 

中央大学・・・なんと、持ちタイムが15位まで落ちてしまいました。1万m持ちタイムでチームトップの新庄、5位の相葉、6位の西嶋、9位の藤井、10位の出口と上位10人中5人がエントリーされておりませんからね。。。どれだけ怪我・不調な選手が多いのでしょうか?さらに、1組に代田、須河と主力を置いているのは調子が上がらないのか?2組の渡邉、吉田も不安ですし、4組の三宅も今年好調ですが1万mの距離はどうなんだろう?残念ながら予選突破は難しそうですね

 

上武大学・・・エースである山岸が補欠なのは・・・?本来であれば4組でしょうが佐藤、倉田が4組であることを考えると変えることは考えにくい・・・3組の志塚と当日変更が最も可能性がありそうです。4組の選手に何かあった時のための保険なのかな?メンバーを見る限り予選突破は厳しそうですが、2年前のサプライズを再度起こせるか?

 

東海大学・・・・持ちタイムが最下位となってしまったのは1年生が5人も入っているからかなあ。。。先日、1万mデビューの1年生もいましたし。チーム3位の白吉、5位の石川、7位の田中、8位の油井、9位の桑江と中央同様上位10人中5人がエントリーされておりません。好選手が揃っていると言われていた2年生誰ひとりとしてエントリーされていないのは、正直ショックですね。。。村澤、早川抜きで去年は予選突破しましたが、今年はどうかな?ルーキーの走りが大きな鍵を握りそうです。

 

全日本予選の予想を登録する機能を追加しました。→全日本予選予想登録 上位10大学の順位を予想し、登録してみてください♪出来る限り正確に傾向を見たいので、1人1票でお願いいたします。たくさんの投票をお待ちしております♪

 


PAGE TOP