2013年全日本予選分析 ~拓殖大学~

2014年3月8日

続いては、岡田監督に変わってシードを取ったまでは良かったものの、昨年は予選落ちをしてしまい、その後もなかなか結果を残すことが出来ていない拓殖大学についてです。
上位8人の平均持ちタイム選手持ちタイムはこのようになっております。予選会での平均持ちタイムは13位と通過圏内の7位は遥かに遠く・・・去年は主力が複数人出場出来なかったこともあり、20チーム中18位と大惨敗に終わっています。こうしたデータを見る限り、全日本の突破は厳しいですねえ。

 

まずは4組についてですが、一人はダンカンで間違いないでしょう。1年時ほどの勢いは無いものの、関東インカレ2部で5000m優勝、1万mで4位と結果を残しており、最終組でも稼ぐ役割が期待されます。そのダンカンと組むセンスが誰になるのか難しいですね。関東インカレで5000m、1万mの両方に出場し、1万mの持ちタイムもダンカンに次ぐ2位である佐護が第一候補かなあ?しかし、1万mでは26位の30分30秒かかってましたからねえ・・・全日本にどこまで合わせて来られるかな?他の候補としては、インカレハーフで13位となり、1万mの持ちタイムもチーム3位の奥谷かな?どちらにしろ、ダンカンとは違って凌ぐ4組となりそうです。

 

他に走りそうな選手ですと、関東インカレ1万mに出場し、1万m持ちタイム7位の櫻井、去年2組を走り、持ちタイムチーム4位の金森、関東インカレハーフに出場し、チーム5位の持ちタイムを持つ栩山(トチヤマ)といったところになりますねー。うーん、いずれもチームとしては上位の力を持つ選手たちですが、他大の中堅どころと争うには物足りないかなあ・・・経験者としては、他に木寺もいますが、去年は1組40位ですからね。。。ちょっと不安ですよね。

 

元々、拓殖大はあまり全日本予選に合わせてきていないんですよねー。確かに、トラックが得意な選手が多くはなく、スピードが要求される全日本予選を突破するのは非常に厳しいと思いますが・・・今後に向けて少しでも弾みがつくように各選手ベストを尽くして欲しいです。

 


PAGE TOP