2013年全日本予選分析 ~中央学院大学~

2014年3月8日

続いては、昨年は惜しくも出場を逃したものの、今シーズンは自己ベスト更新ラッシュなど着実に結果をのこしている中央学院大学です。上位8人の平均持ちタイム選手持ちタイムはこのようになっております。予選会での平均持ちタイムは4位と通過圏内まで平均持ちタイムを高めてきました。ここ数年では最も予選突破の可能性が高いのではないでしょうか?

 

4組の候補はやはり今年度28分台を出した潰滝、岡本が有力かな?潰滝は関東インカレで5000m、1万mダブル入賞、岡本は5000mで2位と大きな大会で結果を残していることも好材料です。他大のエースクラスともしっかりと戦ってくれることと思います。とはいえ、4組では大きく後れをとることもないでしょうが、稼ぐのはやや厳しい感じもするだけに、3組までにしっかりと通過圏内に入っておきたいところですねー。

 

となると重要になってくる3組ですが、ここ最近は潰滝に差をつけられていたものの、関東インカレハーフ2位まで立て直してきた塩谷が有力かな?去年も1年ながら3組を走って17位とまずまずの結果を残していますしね。もう一人は持ちタイムでもチーム上位で今シーズンに入って1万mの自己ベストを更新している及川か山田ということになりそうかな?及川は5000mでも関東インカレで自己ベストを更新していますし、今勢いのある選手かな。

 

残る3人の候補としては・・・ルーキーの村上は使ってきそうかな?先日、29分36秒まで自己ベストを伸ばしてきましたしね。もう一人期待したいルーキーが雲類鷲、入学時の自己ベストをどんどん更新し、1万mも29分台目前まできました。こういう勢いのある選手は使ってみたくなる気が・・・

 

他には経験者ですと、去年1組を走った木部、2組を走った沼田あたりも入ってきそうですね。去年4組を走った田中は今年全然姿を見せていなくて走るのは厳しそうですが、頭数はそろっています。総合力では去年にも負けていないと思えますし、7枠あれば十分に突破も狙える戦力ですので、しっかりと調子を合わせて予選突破してほしいです。

 


PAGE TOP