2013年全日本予選分析 ~帝京大学~

2014年3月8日

続いては、戦力が充実しているものの、やや今年度は噛み合っていない印象のある帝京大学です。上位8人の平均持ちタイム選手持ちタイムはこのようになっております。予選会での平均持ちタイムはトップです。普通に考えれば通過は間違いなく、トップ通過も十分に有り得るのですが、懸念点が無いわけでは・・・

 

実力、持ちタイムを考えても、4組は蛯名と田中or 小山となるのが妥当かと思います。ちなみに、3人とも1万m28分台を持っています。しかし、蛯名はまさかの関東インカレ1万mを欠場・・・故障等でなければいいのですが、どうしてしまったのか?蛯名は4組でもトップクラスの実力があるだけに、走ってこれないと困る選手です。田中も全然見かけないですね。。。こちらは出場は厳しいのかなあ??もちろん、エントリーさえ未定ですが・・・箱根5区で好走した小山は関東インカレの1万mで15位ですが、ちょっと物足りないかあ?去年も4組を17位で走っていますし、今年はそれ以上の順位を期待したいところですね。

 

去年の3組は難波、柳原ですが、柳原はハーフ3分台、5000mでも自己ベストを更新するなど着実に力をつけてきており、3組を任されたとしても前回の23位よりもずっといい成績を残すことが出来そうです。その一方、難波は箱根7区を6位で走るなど、前よりも安定感が増してきたようなのですが、関東インカレでは5000mで20位とこれまた物足りない結果に。。。8人は入ってくると思いますが、3組はどうかなあ・・・?

 

去年2組を走った熊崎は、しつこいですが箱根10区のチラ見で有名になった選手、1500mで3位、5000mでも12位に入り、なかなかに好調のようです。3組を任されることになるのかなあ?十分上位でゴールできると思いますし、今年は稼ぐ役割を担って欲しいです。1組を走った早川は箱根4区を2位で走るなど大きく成長を遂げています。5000mで23位は不満でしょうが、力はありますので、2組以降を走ることになるのかなあ?他にもハーフで5位に入った堤、箱根6区で3位と好走した千葉、箱根3区を8位と好走した高橋裕などもおり、やはり予選会校では力が抜けているかなあ?エントリー次第ではありますが、あまりにも主力が外れているなんてことが無い限り、問題無さそうです。予選会は元々得意としているだけに、しっかりと通過を、出来ればトップ通過を狙って行って欲しいところですね。

 


PAGE TOP