2013年全日本予選分析 ~東海大学~

2014年3月8日

続いては、強力なルーキーは加入したものの、なかなか箱根予選落ちからチーム状況が良くなってこない東海大学です。上位8人の平均持ちタイム選手持ちタイムはこのようになっております。予選会でも平均持ちタイムは12位と数値上は厳しい状況となっております。救いなのは、去年は村澤、早川の両エースを欠いてでも予選を突破したということくらいかなあ・・・しかし、現在の東海を見ていると、2年連続の予選突破は非常に困難であると思われます。

 

4組を走るのは昨年と同様に中川、元村の二人が有力かな?1万mの持ちタイムでも二人がトップ2ですしね。昨年は中川が4位、元村が15位と素晴らしい走りを見せてくれましたが、その再現が期待されます。しかし、二人共今年度に入ってから凡走が続いたりとちょっと調子が落ちている気がするのが不安なところです。中川はインカレ1万mで29分23秒となかなかのタイムで走ってくれましたが、元村は転倒の影響もあり、5000mで14分29秒の24位に終わっています。後1ヶ月弱、しっかりと本番に合わせてきて欲しいですね。

 

3組を走る選手がこれまた人選が難しい・・・一人は去年同様3組を走った石川かなあ?他には、去年の全日本予選で1組トップだった白吉、初1万で29分39秒を出した宮上あたりが候補になりそうですが、いずれも厳しい戦いが予想されますねー。もう1,2人核となる選手が出てきてくれるとチームとしても助かるのですが。。。監督の息子である駿もちっとも見かけないしなあ。。。両角監督が就任してからさすがにこれだけけが人が出続けているのは何か手を打たないとなかなか現状から脱出することは難しそうです。

 

有力選手が複数入った1年生も出番がありそうですねえ。ともに14分7秒のタイムを持つ廣田、石橋の二人には出場してもらわないと駒が揃わない感じです。特に石橋は3000m障害で長距離唯一の得点をあげるなど、早くも頼りになる存在となって来ました。廣田が5000mでインカレに出場しなかったのは気がかりではありますが、全日本予選にはしっかりと合わせてきて欲しいです。この二人が本調子であれば、1,2組であれば組上位を狙えそうですね。場合によっては3組にまわることもあるかも・・・

 

他に持ちタイム上位ですと、29分33秒の上原がいますが、去年2組で34位と苦しい走りとなってしまっており、なかなか本番で結果を残せていないので使いにくいかも。。。他にも29分40秒台田中、油井、関東インカレで1500mと5000mに出場した富田、自己ベストを着々と更新しているルーキーの荒井あたりが8人に入ってくるか?といったところですかねー。やはり、戦力を見る限り予選突破は厳しそうに思えますが、去年はまず無理だろうと言われていた中での突破だっただけにその再現をやはり期待したいところです。

 


PAGE TOP