2013年全日本予選分析 ~東京農業大学~

2014年3月8日

続いては、関東インカレで好成績を残した東農大です。上位8人の平均持ちタイム選手持ちタイムはこのようになっております。去年も関東インカレで好成績だったのですが、全日本予選は13位とボロボロだったんですよねー。。。なかなか予選会にピタリと合わせることが出来ない日々が続いております。関東インカレでも結果を出したのは1500m,3000m障害で最も大事な1万mでは正直微妙でしたからねえ。。。

 

4組は本来であれば浅岡、竹内が務めるべきなのでしょうが、浅岡は関東インカレにさえ出てきていませんし、竹内は1万mで30分30秒かかってしまっていますからねえ。。。さすがに4組は厳しいと思います。佐藤達も関東インカレに出て来なかったし、ただでさえ選手層が薄いのにこんなに負傷者や不調者を出していては正直どうしようもないですよね。。。4組は1万mで28分台を出した戸田と最近持ちタイムをどんどん縮めている三輪あたりが担うことになりそうです。

 

そして、3組がさらに問題ですよねー。竹内、浅岡、佐藤達に走ってほしいところなのですが・・・ここは3000m障害を制した佐野あたりに期待することになりそうです。あとは関東インカレの1万mで14位とまずまずの走りをした山本かなあ?うーん、厳しい戦いになりそうです。1,2組を走れそうなのは、やや復調してきた津野、ハーフで12位となった遠藤・・・後は箱根8区を走った岩渕、ハーフを4分半で走り自己ベストを更新した佐藤一あたりかなあ?

 

正直、ベストの調子でベストメンバーを組めたとしても通過は厳しいくらいだと思っているのに、チーム状況がどう考えても万全とは程遠いようで、7枠あっても予選突破は厳しいと思います。とはいえ、ずっと予選会で結果を残していないだけに走る選手はしっかりとピークを合わせてきてほしいですね。主要な大会でしっかりと走れたというのは自信につながると思いますし・・・例え突破できなくても次につながる走りを期待したいです。

 

 


PAGE TOP