関東インカレ2013 ~2部5000m~

2014年3月8日

最後は2部の5000mについて・・・ダンカン、ゲブレシラシエの留学生2人が序盤からハイペースで飛ばし、日本人は3位集団を形成して追っていく展開だったようです。結果はこのようになっております。優勝したのは拓殖のダンカン、最後はやや詰められましたが、10000mの悔しさを晴らす優勝でした。とはいえ、以前のような圧倒的な強さを感じられなくなっているのも確かですねー。新留学生のツォーも今のところ目立った活躍がないですし・・・増枠があるので箱根予選会は大丈夫でしょうが、去年の予選に負けない結果を残して欲しいですねー。

 

2位はびっくりの中央学院の岡本、最近自己ベストを出して更新して好調だとは思っていましたが、ここで13分台を出して2位になるとは思いませんでしたー。自己ベストを9秒更新して来ました。箱根では2年連続で6区を走って好走していますが、6区を走らせるのはもったいなくなってきましたね。。。平地でも主要区間を任せたくなりそうかも・・・それにしても、トラックシーズンの中央学院は好調ですね。この勢いならば、全日本予選も突破しそうかなあ・・・

 

3位は東国大のゲブレシラシエ、うーん、1万mは途中で棄権してしまいましたし、最後はちょっと力を抜いて岡本に逆転されてしまったようで何か必死さが感じられないというか・・・まあ、しょうがないのかもしれませんが。。。強化を始めた東国大、今年の増枠ではさすがに厳しそうですが、新たな箱根出場校となれるでしょうか?

 

4位は駒澤の油布、1500mの2位についでの入賞ですが、油布の力を考えるとやはりまだ物足りないかな?油布はインカレの5000mはあまり結果を残せていなかったような気も・・・長い距離にも対応してきましたが、1500mで日本選手権に挑戦するということで、どこまでいけるのかも楽しみです。

 

5位は中央学院の潰滝、14分1秒は自己ベスト更新ですね。大事な試合で自己ベストを更新し、1万mと合わせて2種目入賞とはさすがです。やはり今の中央学院を引っ張るのは潰滝かな?こんなに5000mで好タイムを連発する中央学院は久しぶりに見た気がする。。。大エースだった木原さえ、13分台は持っていなかった気がしますからね。。。生きのいいルーキーも入りましたし、要注意の大学ですね。

 

6位は大東大の市田孝、1万mの3位に続いての入賞となります。何度も市田兄弟は取り上げていますが、それだけ成績を残しているということですよねー。本当に強くなりました。もうエース力は十分あると思いますので、あとはやはり底上げかなあ。。。3本柱と4番手の差が大きく、1万m30分切りが10人しかいないというのも心配かなあ。。。ただ、楽しみなチームであることは間違いないですねー。

 

7位は農大の戸田、これまた1500m優勝に続いてのダブル入賞となります。本人はやや不満のようですが、それでもきっちりと入賞してきたのはさすがですねー。本来エース格である竹内や浅岡といった選手が不調or怪我で出てこないだけに下級生ながら戸田にはチームを引っ張っていってほしいなあ。あとはしつこいけれど、ハーフの距離にも対応してくれれば。。。

 

8位は駒澤の村山謙太、うーん、相変わらず波があるのは変わらないかなあ・・・・28分10秒台で当然のように走る力があるのに、こういう勝負どころで14分10秒かかってのギリギリ入賞というのも寂しいですね。1万mは出場しなくて5000m一本にかけていただけになおさらかなあ。。。持ちタイムからすると物足りない結果が駅伝では続いているだけに、そろそろ爆発してほしいところですが。。。

 

惜しくも入賞を逃した9位は中央学院の及川、これまた自己ベストを出しました。中央学院は3人走って3人とも自己ベストという関東インカレらしからぬ素晴らしい成績です。まあ、5000mのタイムを持っていないというのもありますが、それにしても・・・箱根では8区を走って8位となかなかの走りをしましたが、5000m,1万mで自己ベストを出して今年度はさらに上を狙えそうかなあ?

 


PAGE TOP